余った豆腐の保存方法。

スポンサーリンク
食材

最近では………
小分けにされている豆腐が
売られていますよね。

結構前からかw(錯覚)

しかしッッッ!!
一丁豆腐のほうが安い現実がココにあります。

小分けにされているから
ちょっと使いたい時は大変便利!

だけど……

一丁丸々豆腐のほうが安いから
ついつい買ってしまう。
使うのはちょっとなんだけど(苦笑)

そんな時思うのが
余った豆腐の冷蔵保存方法ッッッ!!

冷凍保存したら
豆腐の食感が変わってしまうから

できれば冷蔵保存したい!

長期保存とは言いませんが
3日ほどの冷蔵保存なら冷ややっこ………
つまり生のままでも食べれる状態で保存できます。

それではどうぞッッッ!!

スポンサーリンク

余った豆腐の冷蔵保存方法。

冷蔵保存期限: 3日 

まず最初に覚えておいてほしいのが
冷蔵保存放置して3日ではありません。

そして賞味期限切れの豆腐ではありません。


余った豆腐はタッパーに入れ
ひたひたになるくらいの水を入れます。
蓋をして冷蔵保存。


絹ごしでも木綿ごしでも同じです。


タッパーの水は毎日取り替えるのが絶対条件で
冷蔵保存最長3日です。


上記の条件で冷蔵保存3日しても
不安な方は加熱調理すればいいと思います。

上記の方法であれば
余った豆腐でも冷蔵保存で最長3日は持ちますッッッ!!

是非この機会に有効活用してみてください。

食費の節約にもなりますよッッッ!!

豆腐が腐ったらどうなる?

ただ上記の保存期間でも腐ってしまう事があります。
(賞味期限ギリギリの豆腐など)

豆腐が腐った時どんな感じなのかを
簡単にご説明します。

色が黄色い。

酸っぱい臭い。

表面がネバネバしている。

このような状態は腐っています!

そして食中毒の原因にもなりますので
決して食べないようにしてくださいね。

上記以外の状態・・・
少しでも(個人的に)
不安要素がある場合は食べないようにして下さい。

あくまでも個人的に調べて賞味期限を3日にしました。
最終的な判断は自己責任でお願いします。

余談。

いかがだったでしょうか?

豆腐を少しだけ使い余った時の
冷凍保存ではなく
冷蔵保存方法についてお話しさせて頂きました。

もちろん、冷凍保存のほうが保存期間は延びます。

ですが豆腐を豆腐のまま保存するなら
冷蔵保存ですよね。

豆腐は結構デリケートな食材です。
(腐りやすい意味)

くれぐれも慎重に扱いましょう~

コメント