1度温めたレトルト食品は食べられるの?


温めてしまったレトルト食品。

急に外食の誘いがきたり
レトルトカレーを温めたのはいいけどご飯がなかった現実など・・・

結構色々な形でレトルト食品を温めたのはいいけど
食べなかった時とかあると思います。

そんな時思うのが

【もう1度温め直したらまた食べられるのか?問題】

特に気なるのが
レトルトカレーとレトルトハンバーグです。

疲れた日の晩御飯や休日のお昼ご飯によく食べてます(笑)

簡単に済ませるし
何より美味しい!自分で作るより美味しい(悲しい現実)

袋を開封してレンチンしたのならまだしも
未開封で湯煎して温めたのなら、また食べられるんじゃないのかと思い調べてみました。

結果は・・・再び温め直して食べる事ができる!だそうです。
※ただすべてのレトルト食品ではありません。

自分はよくレトルト食品ならカレーとハンバーグを食べるので
今回のお話しはその二つが中心になると思います。

それではどうぞッッッ!!

スポンサーリンク

温めたレトルト食品は再び食べられる。

主にカレーとハンバーグになりますが
各メーカーサイトを参照した所

袋(パウチ)を開封していなければ
再び(何度も)温め直して食べる事ができるそうです。
※もちろん賞味期限以内。

レトルトは充填してから加熱抗菌していて中は無菌。

温めてしまっても中が腐るような事はないそうで

1度温めてしまっても水分が飛んで煮詰まるような事もなく
冷まして再び保存できるそうです。

ただ何度も温めなおしは食品の品質を低下させて
美味しくなくなるのでオススメはしないそうです。

温めなおす時のポイント

この方法は主にカレーになります。

袋(パウチ)のまま再び温めると中の具が小さくなる事があるそうです。

ですので再び温める場合は
開封してお皿に移しレンチンしたほうがいいみたい。

また鍋に移して温めるのもいいんですが
この場合は焦げ付く可能性があるので鍋で温める場合は必ず弱火での事です。

開封していないけどダメな場合もある。

最近のレトルト食品には袋(パウチ)のまま
電子レンジ加熱対応のものがあります。

自動蒸気抜き機能(蒸気口)がついたパウチです。

このようなレトルト食品は袋(パウチ)のままレンジ加熱でき
お皿に移し変える事なく温められるので大変便利なのですが・・・

加熱すると蒸気口が開き開封した事になります。

この為、再び保存ができなくなりますので必ず使い切るようにしてくださいね。

余談。

いかがだったでしょうか?

一見、一度温めてしまったレトルト食品は食べないといけない感じですが
実際は袋を開封していなかったら何度でも温めなおしが効いて食べられたんですね。
(未開封&賞味期限前)

しかし、何度も温めなおしをする事によって
品質の低下つまり美味しくなくなるそうなのでそこは注意です。

また電子レンジ対応のレトルト食品は
蒸気口が付いているので、その場で使い切るように。

あくまでも個人的に調べた結果ですので(主にカレーとハンバーグ)
1度加熱したレトルト食品の再使用については製品に記載された注意事項を良く見て
ご自分で判断してください。

龍之介オススメレトルトカレー!

上記でもお話ししましたが
レトルトカレーとレトルトハンバーグはよく食べます。

その中に美味すぎて衝撃を受けたレトルトカレーがあるので
ちょこっとご紹介したいと思います。


引用元:S&Bカレー.com

噂の名店「大阪あまからビーフカレー 鮮烈な辛口」

大阪の本町にある白銀亭というカレー屋が出しているレトルトカレー。

たまたまスーパーで目に止まり軽い気持ちで買ったのですが

まぁこれが美味い(圧倒的美味さ)

パッケージに書いてある

「フルーツの甘みと押し寄せる辛味」

ホントにその通りで、口に入れた瞬間フルーツの甘みが広がり後味にジンワリと襲い掛かってくる辛味。

甘味と辛さが他のレトルトカレーにはない味でまさに味のクロスカウンターッッッ!!(何いってんだコイツ)

お値段も300円前後とお手頃価格で

レトルトカレーに迷ったらコレ!

他の高いレトルトカレー買うならコレ!

近くのスーパーになければAmazonで取り寄せる事も可能です。

まあ人の口なんで好みは分かれると思いますが
是非一度食べて頂きたい。

辛口ですので苦手な方はご注意を。

ちなみに白銀亭のお店は大阪の本町にあります。

自分は大阪住みでわりと近いほうなんですが
まだお店には行った事ないんですよね。

レトルトカレーでこのクオリティなんだからお店はもっと美味いはずッッッ!!
間違いなく美味いはずッッッ!!

今度行こうと思いながらもう5回程リピートしてます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする