【徹底解説】ぶどうの保存方法・腐るとどうなる?ぶどうを冷凍保存して長期保存!

スポンサーリンク
果物

ぶどうの保存方法をご紹介していきます。

小粒のぶどうや巨峰、マスカットなど
ぶどうの種類はとても多いですが
基本的な保存方法はどれも同じです。

常温保存方法。

冷蔵保存方法。

冷凍保存方法。

そして保存期間と腐るとどうなるのか
お話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

ぶどうの保存方法と保存期間。

ぶとうの種類はたくさんありますが
基本的にぶどうの保存方法や期間はどれも同じです。

ですので用途別に分けてお話ししていきます。

ぶどうの常温保存。

ぶどうは常温で保存することができます。

ただ日持ちはしません。

ぶどうは非常にデリケートな果物で
温度・室温が高くなればなるほど痛みやすくなります。

ですので常温保存するなら
直射日光が当たらない冷暗所が絶対条件で

そのまま放置ではなく
ポリ袋や新聞紙で1房ずつ包んでからです。

常温保存の保存期間は
2~3日。

ぶどうの冷蔵保存。

房付きで冷蔵保存したい時は
常温と同様、ポリ袋か新聞紙で1房ずつ包んで
野菜室で保存します。

保存期間は5日ほど。

房から取って冷蔵保存したい時は
2~3mmほど枝を残してカットするのがオススメ。

あえて枝を残すことで
ぶどうから果汁が漏れるのを防ぐだけじゃなく
傷むのを防ぎ長持ちします。

取り切ったぶどうは
密封袋などに入れて野菜室で保存。

保存期間は7日ほど。

冷蔵保存する時は洗わず
食べる直前に流水で洗ってから
食べてください。

洗ってから冷蔵保存すると
乾燥してしまい痛みやすくなります。

以上二通りの冷蔵保存の仕方を
お話ししましたがお分かりでしょうか?

房付きなら冷蔵保存で5日。

枝を少し残して切ったぶどうは
冷蔵保存で7日。

ぶどうは房から外して
冷蔵保存したほうが長持ちするんです。

理由は房(枝)付きのままだと
ぶどうの実の水分が枝に戻ってしまい
シワシワになったり黒ずんでしまうからなんです。

この手間こそ長持ちさせる秘訣。

ぶどうの冷凍保存。

冷凍保存と聞くと
鮮度や味が落ちる印象がありますが
ぶどうは冷凍しても味が落ちるということがありません。

冷凍保存期間は2~3週間です。

冷凍保存方法。

まずは枝を2~3mm残してぶどうの実を切り取ります。

次にぶどうを流水で優しく洗い
キッチンペーパーなどでしっかりと水分を拭き取ります。

水分を十分に拭き取ったら
フリーザーパックや密封袋に重ならないよう
できるだけ平らにして冷凍庫で保存します。

巨峰やマスカットなど
大粒のぶどうは皮を剥いてから
冷凍保存することで、そのまま食べられる
ぶどう100%のシャーベットアイスに。

皮付きのまま(小粒のぶどうも含む)でも
冷凍状態のまま軽く流水で濡らすと
皮が”つるん”と簡単に剥くことができるので
こちらもシャーベットアイスのように食べることができます。

解凍方法。

冷凍したぶどうの解凍方法は
自然解凍もしくは流水解凍にて
解凍処理します。

解凍したぶどうは
できるだけ早めに食べてください。

また一度解凍したぶどうを
再び冷凍保存しないでくださいね。

冷凍・解凍を繰り返してしまうと
鮮度・味が落ち、品質そのものが悪くなります。

ぶどうが腐るとどうなる?

異臭がする。

カビが生えている。

ぶよぶよしている。

変な酸味がある。

ぶどうが腐ると
このような状態が主に見受けられます。

上記以外でも違和感があるようでしたら
食べることをヤメ破棄するのをオススメします。

ぶどうの枝に関してですが
古くなってくると緑から茶色に変わります。

ぶどうの実が上記のような状態ではなく
枝が茶色になっているだけなら腐ってはいません。

まあ腐る一歩手前なので
早めに食べてください(苦笑)

余談。

いかがだったでしょうか?

ぶどうの保存方法について
お話ししました!

一見保存期間が短そうなぶどうでも
手間をかければ冷蔵保存でも1週間持ちますし

冷凍保存しても味が落ちることなく
長期保存可能になるので
是非活用してみてください(*^^)v

ぶどうは冷凍すると
皮が剥きやすくなる利点もありますしね!

ぶどうの冷蔵保存に関しては
皮を剥いて冷蔵保存すると
酸化し変色が進み味が落ちます。

そして日持ちもしません。

できるだけ皮付きのまま冷蔵保存してください。
また冷蔵保存する時は洗わずそのまま冷蔵保存し
食べる直前に洗って食べるようにしましょう。

コメント