出し汁の保存方法。冷蔵保存篇

せっかく、出し汁を作ったのに余ってしまった。
すぐに出し汁を使えるようにしたいから作り置きしときたい!

そんな時は、出し汁の冷蔵保存がオススメですッッッ!!

長期保存はできませんが、使いたい時すぐに使えてとても便利です。

出し汁が余ったからといって、そのまま常温保存してませんか?

常温保存は微生物が繁殖して、とても危険です。

冷蔵保存する事で微生物の繁殖を抑えられますし、少しですが日持ちもします。

なので今回は、出し汁の冷蔵保存方法をお話ししていきます。

それではどうぞッッッ!!

スポンサーリンク

出し汁の冷蔵保存

冷蔵保存するといくらか日持ちします。
作った出汁をよく冷ましてから密封容器や密封できるピッチャーなどに入れてから冷蔵保存します。
保存期間ですが、4日ほどで使い切るようにしてください。

また保存期間が経つほど、風味・味が落ちるので、できるだけ早めですね。

そして、継ぎ足して使う事は辞めてください。

せっかく作った出汁の風味・味が落ちるので使い切るようにしましょ~

継ぎ足したら風味・味が足されると思われガチですが逆効果なので厳禁ですッッッ!!

初めから冷蔵保存する予定の場合。

使う予定のない場合また、翌日の朝に出汁を使う予定がある場合は水から出汁を作るのがオススメですッッッ!!

密封できるタッパーやピッチャーにお水とお茶用パックにダシの素材を入れて一晩寝かすだけで作れちゃいます!
(夜に使う予定がある場合は朝に用意して夜使うとかですね。)

一晩は約8時間~

ですが、人それぞれ味の好みがありますので2~3時間でもオッケーな訳です。

ただし、一晩経ったらパックは取り除いてください。
雑味やヌメリの原因になります。

また水から作っていますので保存期間も短くなります。
2日程度を目安に。

水から作っているので保存期間がお湯から作るより短くなるのが欠点です・・・。

ですが、水から作るのでパパッと用意できる点と火を使わない(ガス)ので節約できるところが良いです。

もちろん水道水でもいいんですが、ミネラルウォーターで作るほうが美味しいです(真顔)

ミネラルウォーター使ったらガス代節約しても意味無いんじゃ・・・(困惑)

そこは任せます(笑)

まとめ

出し汁は粉末や顆粒タイプ、薄めて使う物を使うと簡単にできます。

ですが、素材から出汁を作ると風味・味が全然違いますッッッ!!

慣れてしまえば凄く簡単ですし、上記で述べたように冷蔵庫で寝かすだけで、水から出し汁を作る事もできちゃいます!

一度でいいからご自分で作ってみてはいかがでしょうか?

補足なんですが保存する容器はプラスチック製よりガラス製の物をオススメします。

プラスチック製の物だと匂い移りがしやすい、出汁の風味がガラス製の物と比べると抜けるのが早いです。

ですので、冷蔵保存する時も水から出汁を作る時もガラス製の容器でお願いします。

今回は出し汁の冷蔵保存方法をご紹介しましたが、冷凍保存すると冷蔵保存を比べ長期保存できますので
また次回お話ししたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする