エビの尻尾は食べられるのか?尻尾の下処理方法。

どもども龍之介です。

さて皆さん。
エビフライやエビの天ぷらのエビの尻尾ってどうしてますか?
自分は食べる派ですけど、その場の雰囲気で食べなかったり食べたりする派です(笑)

先日の晩御飯でエビフライを作り食べていた時の事でした。

自分はもちろんエビフライの尻尾まで完食。

それを見た子供が

「パパ尻尾も食べてるー!食べたらあかんでー」

っと言われたのでエビの尻尾の美味しさを教えて上げようと思うも、果たして子供達に薦めてもいいのだろうか?

エビの殻だから感覚としてカルシウム的な栄養は有りそうだけど、有毒成分的なものが入っているから食べないほうがいいって聞いた事もあるし・・・。

などと思い、自信を持って教えてあげられる事が出来ませんでした。

それから気になって気になって調べる事に(笑)

調べた結果から言うとエビフライやエビの天ぷらの尻尾は食べられます。栄養もちゃんとありました(笑)
栄養も豊富で食べれるなら食べたほうが健康にはいいんじゃないかと思います。

あくまでもちゃんと下処理されて作られたエビフライの尻尾に限りますが。

細かい説明は下記にてします!

それではどうぞッッッ!

スポンサーリンク

エビの尻尾は食べられる。

エビの尻尾には毒があるって聞いたから食べない!って人多いと思います。また、なんか体に悪そうとかとか・・・。

実際はそのような事はなく、エビの尻尾に毒になるような成分は含まれていません。もちろんエビに自体にもです。
農林水産省によると世界で確認できているエビの種類は3000種類以上、どれも毒があるという報告は上がっていないとか・・・。

なので尻尾に毒があるというのは間違いで食べられる物だったんですね。

ただしちゃんと下処理をした物に限ります。

エビの尻尾には汚れた水分が溜まっている事が多い為、汚れた水分を抜く下処理をする事が絶対条件です。

この汚れた水分=毒という解釈があったかもですね。

尻尾の下処理方法。

尻尾の下処理方法ですが、尻尾にある針のような部分をハサミで少しカットして中を押し出すように水洗いすると汚れた水分が出てきます。
また包丁で針のような部分をカットしてから包丁の先で尻尾をこするように外側に押し出すと中の水分が出来てます。(この方法は包丁に慣れている方がしてくださいね)

中の水分が抜け出たら黒い尻尾が半透明になるのでわかりやすいと思います。

また尻尾の針の部分をカットするので食べても口に刺さるといった事も解消されます。

そしてもうひとつ、尻尾の部分の水分が抜けるので揚げたりする際に油が跳ねたりする事も抑えられるんです!

以上の事からエビフライや天ぷらを作る際は尻尾の汚れた水分を出す下処理を必ずしましょうね。

そして食べられるなら食べたほうがいいです。
栄養も豊富ですし、パリパリ食感が美味しいです(笑)

お店で食べる物はどうなのか。

自宅で作る際はちゃんと下処理するから食べられるとして、お店で出されるエビフライやエビの天ぷらの尻尾はどうなのか気になったので調べてみました。

通常のお店の場合は、汚れた水分を出す為に尻尾の針の部分をカットして中の水分を出す下処理は行われているようです。
油跳ねも抑えられて一石二鳥だからみたいです。
ただ、量産を行っているようなチェーン店ではこの下処理を行っていないようなところもあるみたいなので、尻尾を食べるのは自宅のみとしたほうがよさそうですね。

まとめ

エビ自体に毒はなく、尻尾にも毒は含まれていないので下処理をした物ならちゃんと食べられる物だったんですね。

子供にドや顔して薦める事ができそうです(笑)もちろん嫁にも(爆笑)
ただ少し食べずらく飲み込みにくい物なので無理に薦めるのはどうかと思いますが。

追記。
エビの尻尾を食べられる事を知った翌日またエビフライを作りました(笑)
子供達は食べてくれたのですが、嫁は抵抗があるのか食べてくれませんでしたが・・・。
食べてくれた子供達は美味しいと言って食べてくれましたが、あくまでも家で作るから食べられる事を何回も言いましたけど。

今回はエビの尻尾は食べられる物なのか?尻尾の下処理について書きましたが調べていく内に尻尾に含まれている栄養素も知る事が出来たので次回はエビの尻尾の栄養素について書きたいと思います。

~追記~
エビの尻尾に含まれている栄養素と尻尾の洗い方の記事を書きました。

コチラからどうぞ。

尻尾には栄養素が豊富で健康にいいみたいなので食べれるなら食べましょうね。

美味しいご飯を美味しく食べたい。
美味しく食べてもらいたい。

めんどくさがらず下処理はちゃんとしましょう~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする