鴨肉の栄養について語る。【美容効果抜群・脂は体にいい!?・不緩和脂肪酸とは?】

スポンサーリンク
肉類

鴨肉は日本でも
フランス料理でも高級品として
扱われています。

日本なら鴨南蛮や鴨鍋。

フランス料理なら
「鴨肉のコンヒィ」が有名ですよね。

食べたことないけどコンヒィと
言いたいあるある。(コンヒィィィ↑↑↑)

そんな鴨肉の栄養素について・・・。

美味しいだけじゃない!

鴨肉の素晴らしい
栄養素について
語る記事でございます。

スポンサーリンク

鴨肉に含まれている栄養素。

鴨肉に含まれている栄養素で
代表的なのが
ビタミンB1とB2・鉄分

そして脂肪分は
人体に良い不緩和脂肪酸
デトックス効果もあります。

とまぁ鴨肉の栄養成分は
以上になりますが
さらに知ると栄養面でも食べたくなること
間違いなしですので
詳しくお話ししていきます。

美肌・疲労回復に最適!

鴨肉に含まれているビタミンB群
細胞の再生や粘膜を強くしてくれる事から
肌荒れ防止・肌の生まれ変わり
つまり美肌効果に期待できます。

お肌だけじゃなく
美髪・美爪にも期待できますよ!

またビタミンB群は美容だけじゃなく
疲労回復効果に抜群です。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに。
筋肉や神経の疲れを防いだり
和らげたりする働きがあります。

ビタミンB2は脂質をエネルギーに。
このビタミンが足りていないと
代謝が悪くなり倦怠感の原因になります。

鶏肉にもビタミンB2が含まれていますが
鴨肉は鶏肉に比べ
ビタミン2が約4倍含まれています。

鉄分も豊富。

鉄分は血流を良くし
血の巡りが良くなるので
冷え性の予防や改善
貧血の防止に繋がります。

また鴨肉はお肌にハリを与えるアミノ酸も多く
体内でのコラーゲン生成を手助けしてくれ
野菜と一緒に食べるとより期待できます。

鴨肉の脂肪分は体にいい脂質。

鴨肉の脂肪分は肉類なのに
魚介類に含まれる
不緩和脂肪酸の割合が高いのが特徴。

普通なら肉類は緩和脂肪酸。
魚介類は不緩和脂肪酸となります。

”不緩和脂肪酸ってなに?”

当然の摂理なので小言を一発。

不飽和脂肪酸とは?

人が生きていくうえで
欠かせない脂質のひとつ。
脂質は大きく2つに分けられ
飽和脂肪酸不飽和脂肪酸に分けられます。

飽和脂肪酸。

【バター・ラード・牛脂】など
動物性と言われている脂質で
常温で固まるのが特徴。

摂りずぎると
中性脂肪・コレステロール
増加させてしまい
高脂血症や動脈硬化など
生活習慣病を招く危険があるので注意がです。

不飽和脂肪酸。

一方、不飽和脂肪酸は
【いわし・さんま・さば】などの魚介類
【オリーブ油・ゴマ油・シソ油】などの植物油
などに多く含まれている脂質です。

常温で固まりにくく
体内で液体なのが特徴。

中性脂肪やコレステロール値を
調節する働きがあるといわれています。

この働きにより血中の中性脂肪を減らし
コレステロール値を調節し血液がサラサラになることで
血栓や動脈硬化など
生活習慣病を防ぐ効果があるといわれ

不飽和脂肪酸の一種であるDHA・EPA
主に魚の油、特に青魚に豊富に含まれており
体内で合成されない成分です。

食品からしか摂取できない成分であることから
日々の食事に意識して取り入れることが大切です。

関西圏住みなら食べて欲しい鴨肉。

以前記事にてご紹介したんですが
河内鴨ツムラ本店さんが販売されている
鴨肉は一度でいいから食べてもらいたいです。

今まで食べていた鴨肉とはいったい・・・。

ホントにうんまいですッッッ!!!!

鴨肉を刺身(生)で食べることもでき
肉喰ってるぅぅ~感がマジ卍(ウッッッパ~)

肉特有の血生臭さがまったくなく

食べやすい。
食べ応え。
満足感。

美味しい三拍子が揃ってます。

店舗場所は大阪府松原市になり
高速降り口から近く
駐車場もあるので車で行けます。

お取り寄せすることもできます。

ですがお取り寄せだと
鴨肉を生で食べることができなくなるので
お店に行き購入するのがオススメです。

ツムラ本店さんが販売している

鴨肉について。

店舗に伺った様子。

食べてみた感想は
コチラの記事にて
詳しくお話ししています。

生で食べられる鴨肉が買えるお店!河内鴨ツムラ本店!!
最近、鴨肉を使う予定があったので 鴨肉が売っているスーパーなど 調べていたんですね。 まあ、あるのはあるけど 冷凍だったり加工済みだったりと 自分が欲しい鴨肉じゃなく 少し諦めていたんですが 大阪の松原市に鴨肉...

鴨肉の美味しいレシピ。

鴨肉を刺身(生)で食べることができるなら
やっぱり刺身がオススメです。

鴨肉の刺身に白髪ねぎを添えて
生姜醤油で頂くッッッ!!

是非是非一度は味わって欲しい1品。

ではありますが
鴨肉の生肉は流通が少ないため
中々難しいかもしれません。

鴨肉に一度火を入れる前提として
美味しいレシピは
やはり「鴨肉のコンフィ」です。

フランス料理では定番ですよね。

コンフィとは
低い温度でじっくり加熱していく調理法です。

なんといっても鴨肉は
脂身に独特の旨さがあり濃厚でクセがなく
上手に脂身を溶けさせることで
より美味しく召し上がることでできます。

鴨肉は酸味ベースのソースとベストマッチで
特にバルサミコ酢を使用したソースなら爆発的に美味しくなります。

バルサミコ酢ソースの作り方は簡単で
鴨肉を焼いたフライパンで(鴨肉の脂が残った状態)
・バルサミコ酢・醤油・蜂蜜を入れて煮込むだけでソースが完成です。

また機会があれば作った様子を
記事にしてみようと思います。(白文字)

コメント