失敗しない貝の砂抜き塩抜き【あさり、はまぐり、しじみ】

スポンサーリンク
食材の下処理

今回は貝の砂抜き塩抜きです!

バター醤油で焼くのもアリ!
味噌汁に入れるのもアリ!
酒蒸しにしてもアリ!

ホントに美味しいですよね!
スーパーなどで売っているやつなんかは塩抜き、砂抜き済み!って表記されているものが多いと思います。
購入してそのまま調理して食べてみるとジャリッッッ!ってゆうのよくありませんか?
そのことを気に貝料理が苦手になった方って多いんじゃないでしょうか?

実は、自宅でも砂抜き塩抜きをしたほうがいいんです!
しなきゃいけないんです(笑)

貝の砂抜き塩抜きって
難しいイメージがあるかもしれませんが
覚えたら簡単なのでぜひこの機会で覚えてください。

少し手間はかかるけど美味しい貝類。
でも手間を惜しんでしまうと「風味、食感、旨味」が台無しです。
美味しく味わう為
そして美味しく食べてもらう為にも手間を惜しまず下処理しましょうッッッ!

スポンサーリンク

砂抜き。

まず、貝を洗わず積み重ならないように
平らにしてザル等に並べます。
(上げ底できる網でもいいです)

最初に真水で洗ってしまうと身が引きしまり砂を吐きにくくなります。
積み重ねてしまうと上の貝が吐いた砂を下の貝が吸ってしまいます。
必ずザル等、穴が開いている物の上でしてください。
そのままボールなどに入れてすると吐いた砂をまた吸ってしまうので
ザル・上げ底できる網の上で並べてください。

あさり、はまぐりなど海の貝の場合は塩水を(水1Lに対して塩大さじ3)
汽水、淡水に生息する、しじみなどは水を入れます。

水量はどっぷり浸けずに貝の頭が出るぐらいの分量で。
全部浸けてしまうと貝が呼吸できなくなり死んでしまいます。

水を入れたら新聞紙などでフタをして中を暗くします。
(暗くしたほうが砂をよく吐くので)

暗くしたら日光の当たらない場所で最低1時間以上放置しましょう。
そのまま一晩置いてもOK。

ただし冷蔵庫での放置はオススメしていません。
冷えすぎて砂を吐きにくくなるからです。

以上で砂抜きは終了です。

それと砂抜きの過程で貝の口が完全に開いている貝は死んでしまいっているので捨ててくださいね。

いくつか注意点がありますが、ちゃんとすれば砂を吐いてくれるのでがんばれですッッッ!

砂抜きの時短方法もある。

時間のかかる貝の砂抜きの下処理を
早く終わらせたい場合は
ぬるま湯を使用することで時短できます。

沸騰したお湯に水を入れ50℃のぬるま湯にします。
(温度計がない場合は沸騰したお湯と同量の水を入れることで対処できます。)

ぬるま湯の中に貝が重ならないように入れ
20分ほど放置したら完了です。

この砂抜きの時短方法ですが
ちゃんと砂抜きできていない時が多いです(個人的に)

時間がある時はゆっくり時間をかけて
砂抜きの下処理をすることをオススメします。

塩抜き。

砂抜きが終わったら塩水を捨てて
シンクなど汚れてもいい場所で約1時間ほど放置してください。

かなりの広範囲に塩水をピュッピュッと飛ばすので注意です(笑)

最後に流水で
貝を擦り合わせるように洗えば貝の砂抜き塩抜きは完了です。

そのまま調理するか冷凍保存するなら密封袋に入れて冷凍保存してください。

最後に。

貝の砂抜き塩抜きを同時に行えると思っている方が多いです。
もしくは、どちらかしかしていない方々が多いです。

「砂抜き」は貝が含んでいる砂を抜く作業。
「塩抜き」は貝が含んでいる海水を抜く作業。

全くの別物です!
必ず砂抜き塩抜き両方してくださいね。

砂抜きでの工程で注意点がいくつもあってめんどうですが、手間を惜しむからこそ美味しい料理ができます!
覚えてしまえばなんて事ないです!

美味しく食べたいッッッ!
美味しく食べてもらいたいッッッ!

下処理は丁寧に。手間を惜しまずにしましょう。

あさりの冷凍保存や解凍方法。賢く冷凍保存して旨味UP!
生のあさりは冷蔵保存で2~3日。 加熱した状態でも 冷蔵保存で2~3日程度しか持ちません。 しかし冷凍保存なら2か月はもつようになり 旨味がアップッッッ!! さらに冷凍することにより プリプリの状態を...

コメント