お箸の捨て方。捨てる時は紙に包んで捨てるのが正しい?

今回は”お箸”の捨て方について
語っていきたいと思います。

と言うのも、実家に住んでいる時は
全く気にして使ってなかった「お箸」

でも家庭を持つようになり
自分用のお箸なんか買うようになって
最近ではちょい高めの3~5千円ぐらいのお箸を買うようになりました。(よっ大黒柱w)

ですが、高いお箸を買う事により
捨て方が気になって(高い物あるあるw)
調べたところ

お箸の正しい捨て方があるようで
しかも古いお箸を使っていると
運気も下がるようでした(苦笑)

スポンサーリンク

古いお箸を使っていると運気が下がる?

食事の時は箸を使いますよね?
その事から、お箸を使うことで食事がとれる=食べ物に困らない!から転じ
「健康」「長寿」の象徴である縁起の良いアイテムの一つと言われています。

そして箸を使い食べ物を口に入れ体に入ることから
【魂が宿る】【運気に影響する】なんても言われています。

お箸は気の影響を受けやすく
金運・財運・家庭運などに影響します。

古いお箸を使い続けることで
それらの運気低下に繋がる。

なので古いお箸を使い続けることは良くないそうです。

お箸には魂が宿る。

箸の語源の諸説ですが、
語源の一つに『箸』は二本の『柱』だからで
昔から『柱』には神様や人の魂が宿ると考えられているから。

箸は一度でも使うと魂が宿ると言われ
これは割り箸も同じです。

捨てる時は折って捨てるのが正しく
使い終わった箸を折ることで
「宿った魂を抜く」の意味があり
折って捨てるのが正しいと言われています。

昔からの言い伝えでは
昔は、山で昼食を食べる時
木の枝を折り、お箸として使用していたようです。

【お箸は一度使うと自分の魂が宿る】

使い終わったお箸(木の枝)を
そのまま捨てる(折らずに)と山に潜む獣や妖怪が
使ったお箸に悪さをした時、その災いが自分の身に降りかかってくると
信じられていることから
昔では山で昼食を食べる時に使った木の枝は
必ず折ってから捨てていたようです。

割り箸ならともかく
自宅で使っているお箸を折って捨てる行為は難しいですよね(困惑)
しかも折ることでゴミ袋に穴が開く可能性が・・・(現実)

紙に包んで捨てるのが良い

現実的に考え自宅で使っているお箸を折ることは難しいですよね。

しかし折って捨てることが一番正しい訳ではなく
紙に包んで捨てることでも良いとされています。

紙と言っても、和紙など特別な紙でなくても
普通の紙で包むだけでいいそうです。

強いて言うなら、お清めの意味を込めての白い紙。
そして捨てる際の「ありがとうの気持ち」です。

よく燃えて灰になって土に埋められて
草や木になってお箸になり輪廻して
自分に戻ってくれればいい。

お箸の捨て方にマナーはありませんが
捨てる時の「気持ち」が大事って事です(ドヤ顔)

箸の日がある

語呂合わせで毎年8月4日は箸の日となっています。

箸の日には全国各地の神社で
古いお箸をまとめて焼く箸供養祭が行われており
最寄りの神社で行われているようでしたら
持っていき捨てる事ができます。

それに小正月である1月15日は
全国各地で行われている
どんど焼きでも、お箸を捨てる事ができます。

余談

いかがだったでしょうか?

お箸の捨て方について調べて語ってみましたが
昔からお箸に対する日本人の思想が受け継がれてる感じが凄かったですね。

お箸の捨て方を話しているつもりなのに
なんだか昔話しをしているような気分でしたw

最近のお箸売り場では
購入したお箸に自分の名前を入れることができます。

お箸に自分の名前を入れると愛着が沸き
古くなって捨てる時、悩みます(←イマココ)

ちなみに自分が使っている
お箸はフクロウの絵が入っているやつです。

不苦労( ˘ω˘ )

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする