生パン粉の作り方や保存方法。【乾燥パン粉を生パン粉にする方法】

スポンサーリンク
食材の冷凍保存

フライ物を作る時
乾燥パン粉を使うより
生パン粉を使ったほうがサクサクに仕上がり
冷めてレンチンした時でも違いが分かるほどです(個人談)

生パン粉の名の通り
作るのが結構めんどうだったり
「生」だけに日持ちしないのが難点です。

「そんな風に思っていた時期が俺にもありました」

生パン粉の作り方が
めんどうなのは変わりませんが(え?)

作った生パン粉を約1か月保存する方法。
乾燥パン粉を生パン粉にする方法。

などなど・・・

パン粉(生)について
語り尽くしたいと思います。

スポンサーリンク

乾燥・生パン粉とは?

パンを粉状に砕いたものです(真顔)

乾燥させたものが「乾燥パン粉」
乾燥させないものを「生パン粉」と分類されています。

基本的にパンであれば
どんなパンでも粉状にする事でパン粉になり

食パンなどで作ったパン粉はおかず系のフライ物に

クロワッサンやパイ生地で作ったパン粉
甘い系は揚げ物のデザート系に使い分けることで応用できます。

乾燥パン粉とは?

日本農林規格(JAS規格)において
パン粉の水分が14%以下に乾燥させたもので

「乾燥パン粉」は乾燥させている分
日持ちし賞味期限が長く
保存が効き使い勝手がいいのが特徴的。

しかし生パン粉を使ったフライ物に比べたら
サクサク感やボリューム感は劣ってしまいます。

生パン粉とは?

乾燥させないのが「生パン粉」

揚げ物を作る際
生パン粉を使うことで乾燥パン粉に比べ
サクサク感やボリューム感がアップし
美味しくなると好評です。

しかし生パン粉は多くの水分を含んでいる為
日持ちしません。

生パン粉を作ったのなら
その日の内に使い切ることが大前提とされています。

生パン粉の作り方。

基本的にどんな種類のパンからでも
生パン粉を作ることができます。

フードプロセッサーや
ミキサーにかけて、はい完成!(歓喜)
あ、洗い物が増えた(震え声)

生パン粉は
簡単に自宅で作ることができますが
食パンを使って上質な生パン粉の作り方や
冷凍パンから生パン粉を作る方法
乾燥パン粉から生パン粉に変身させる方法などがあります(ソラシラナンダ)

食パンから上質な生パン粉を作る。

ふっっっつうなら
食パンから生パン粉を作るとき
細かく手でちぎってから
フードプロセッサーやミキサーにかければ生パン粉が作れます。

・・・・。

上質な生パン粉を作る時は
食パンのミミは使いません!(ちょ!お、お前・・・マジか↓↓↓)

僕は大好き♡(クルポッポ~♪)

食パンの白い部分だけで作った生パン粉は
揚物に最適でサックサクに仕上がり
食材にボリューム感がでて
より本格的な衣(揚げ物)を味わうことができます。

一度も生パン粉を使ったことがない人は
是非一度お試しあれッッッ!!

冷凍パンから生パン粉を作る。

冷凍パンから生パン粉を作る場合は
冷凍のまま荒いおろし金ですりおろすか
フードプロセッサーを使い砕きます。

そのまま常温で数分放置したら
生パン粉が出来上がります。

すぐに使いたい場合は
少しレンチンすれば解凍できますが
あまり加熱し過ぎると水分が飛んでしまい
乾燥パン粉になってしまうので注意です。

感覚的にギュッっと握り
少し固まるぐらいが

【食パンの冷凍保存方法についてはコチラから!】

【惣菜パンの冷凍保存方法はコチラから!】

乾燥パン粉を代用し生パン粉にする方法。

乾燥パン粉に霧吹きで水を吹き付けるか
水を数滴垂らし混ぜることで
乾燥パン粉が生パン粉に変わります。

感覚的には
ギュッっと握って一瞬固まるぐらい。

わざわざ生パン粉を作らなくても
これで十分生パン粉の代用になります。

生パン粉の賞味期限は?

上記でもお話しした通り
「生パン粉」は日持ちしません。

作ったものならその日の内に使い切ること。

市販で売られている生パン粉なら
賞味期限に関わらず開封後は
その日の内に食べきってしまいましょう。

しかしながら
毎回、毎回使い切ることって難しいですよね。

”じゃあ余ったら捨てる?”

勿体なくてできないですよね~。(一同納得)

その日の内に生パン粉を使い切ることができなくても
ちゃんと保存することで
別の日に使うことができます。(一同スタンディングオベーション)

生パン粉の保存は冷凍保存。

余ってしまった生パン粉は
冷凍保存することで約1ヵ月保存することができます。

使う分量ごとにラップで包んでから
ジップロックや密封容器に入れて冷凍保存。

解凍方法は常温で自然解凍。
量によりますが使う前に冷凍庫から取り出し
約5分ほどで解凍できます。

冷凍保存する時のコツ。

冷凍保存する際は塊りではなく
平らにすることで解凍時間が早くなり
ムラなく解凍できます。

冷凍→解凍→冷凍は絶対ダメで

一度解凍し再冷凍すると
フニャフニャになりサクサク感がなくなり
美味しくなくなります。

冷凍保存する時は
使う分量ずつ冷凍し解凍するのが鉄則です。

余った生パン粉の冷蔵保存も絶対ダメ。

市販で売られている
未開封の生パン粉なら冷蔵保存が適していますが

一度開封したもの
余った生パン粉は冷蔵保存にむいていません。

冷蔵庫内はとても乾燥しやすく
固くなってしまいます。
また冷蔵庫内のカビが付着しやすくなる為です。

常温保存では虫が付きやすく
生パン粉は湿気が苦手なので
カビが生える根源になります。

以上の理由から
余った生パン粉は冷凍保存が一番です。

生パン粉が腐ると?

固くなっている。

カビが生えている。

異臭がする。

ベタベタする。

上記のような場合は処分し
それ以外でも何か違和感がある時は処分してください。

必ずしも冷凍保存が絶対ではありません。

冷凍しているから大丈夫ではなく
腐るものは腐ります。

余談。

いかがだったでしょうか?

パン粉について語らせてもらいました。

生パン粉を作るのは少々面倒ですが
乾燥パン粉を代用して生パン粉にする方法。

日持ちしない生パン粉でも
冷凍保存することにより
長期保存が可能になります。

何と言っても、揚げ物を作るとき
乾燥パン粉より生パン粉を使ったほうが
断然美味しくなります。

この機会に一度生パン粉を使った揚げ物を
味わってみてはいかがでしょうか?


週刊少年ジャンプで
連載中の漫画でアニメ化もしている
「食戟のソーマ」のオリジナルレシピなんですが
めちゃくちゃ美味しいです。

今回お話しした『生パン粉』を使っていて
サックサクのジューシーです。

特製ソースにはバルサミコ酢を使用していますが
バルサミコ酢は
ウスターソースと酢で代用することができます。
バルサミコ酢について語る。
↑詳しくはコチラから↑

コメント