一度開けてしまった冷凍食品の賞味期限ってどうなる?

今や冷凍食品は弁当のおかずだけではなく
食事の1品として出せるほどレベルが高く
冷凍庫に常備されている方が多いと思います。
ホントに美味しくて便利。

しかし弁当のおかずや少ししか使わなかった時・・・

つまり一度冷凍食品を開けてしまったら
賞味期限はどうなってしまうのか?

また冷凍食品を解凍したものの
一度に食べきれず残ってしまったら
いつまで持つのか?

今回はそんな冷凍食品のお話しをしたいと思います。

スポンサーリンク

冷凍食品の賞味期限。

冷凍食品の多くは半年~1年が賞味期限になります。(自社調べ)
しかし実際の冷凍食品の賞味期限はもう少し持つとも言われています。

冷凍食品はあくまで-18℃以下の条件で冷凍保存する事が前提とされています。
しかし一般家庭の冷凍庫では開け閉めの頻度が高いことから
冷凍庫内の温度変化が激しく
実際の賞味期限よりも早めに記載されている現実があります。

その事から未開封であれば1~2か月賞味期限が過ぎている場合でも
食べる事ができると言われています。
しかしそれは-18℃以下を保てていた場合になるので
記載されている賞味期限が過ぎてしまっている場合は破棄したほうがいいです。

調べた限り未開封なら
賞味期限が1年ぐらい過ぎても大丈夫などありましたが
食品のプロが決めた賞味期限です。

勿体ないかもしれませんが
賞味期限はしっかりと守りましょう。

一度開けた冷凍食品の賞味期限

未開封なら記載されている賞味期限を目安にできますが
一度開開けてしまうと賞味期限はグッっと縮まります。

一度開けた冷凍食品の賞味期限は1~2週間が目安。

冷凍しているから腐らない!などと言う事はなく
一度開けてしまった冷凍食品は冷凍焼けを起こします。

冷凍焼けとは食品の水分が飛んで失われて
食品が固くなり品質が劣化すること。

つまり腐ります(食べられなくなります)

冷凍しているから大丈夫などと思わず
一度開けてしまったら早めに食べましょう。

冷凍食品を解凍したらいつまでもつ?

原則、冷凍食品は解凍処理したら
その時に食べることを想定して作られています。

冷凍食品は一度解凍処理してしまうと
急激に劣化スピードが早くなる傾向があります。
(メーカーや冷凍食材によりますが・・・)

ですので、もって一日が限界だと考えたほうが良さそうです。

冷凍食品を解凍したものの、食べきれずに残して再度食べる場合は必ず

食品のにおいや
見た目を確認してくださいね。

冷凍食品は再度冷凍できる?

【できません!】

冷凍食品なんだから
余ってしまった(残ってしまった)場合
再度冷凍できるんじゃない?

なんて思えそうですが
解凍した冷凍食品は再度冷凍保存する事はできません。

できないと言うより確実に美味しく食べられなくなります。

解凍した(温めた)冷凍食品を再び冷凍すると
食品の組織が壊れてしまい不味くなります。

冷凍食品を解凍した場合は
必ずその日(場)で食べるようにしましょうね。

冷凍食品を美味しく食べるコツ

やはりこれは、冷凍食品の保存状態によって変わります。

上記でもお話ししましたが
冷凍食品は-18℃での保存を目安に作られています。

自宅でよくありがちの
冷凍庫から少しの食品を取り出す際、開けっ放しなどしてませんか?
この行為が冷凍庫内の温度を上げる事になり
冷凍食品の劣化が進む原因になります。

まあこれは冷凍庫内すべての食品に対しても言える事ですが(苦笑)

冷凍食品をレンチンする時

冷凍食品をレンチンする時は
【一度にたくさんしない】です。

パッケージに書いてある
温め方法の数より多く解凍したい時だってあります。

しかしそれをしてしまうと
温めにムラが出て
キチンと解凍できていなかったり
温め過ぎて固くなったり
干乾びてしまいます。

もっと言うと電子レンジの種類によっては
パッケージ通りにしても上手く解凍できない場合だってあります。
(数が多い場合)

めんどうかもしれませんが
冷凍食品は少量ずつ
レンチンする事をオススメします。

余談。

さて、いかがだったでしょうか?

冷凍食品について語ってみました!

冷凍食品は昔に比べ
品質、美味しさ共に格段に上がってますッッッ!!

今や、お弁当のおかずだけではなく
休日のお昼ご飯や
時間がない時の夕食に出しても
全然イケる美味しさですよね(歓喜)

しかしながら
冷凍食品にもしっかりと賞味期限があります。

せっかく美味しい冷凍食品も
賞味期限が過ぎてしまえば台無しに。。。(うぅぅ)

冷凍食品の扱い方を間違えてしまっても
台無しに。。。(あべしッッッ!!)

食品、食材は賞味期限があります。
しっかりと守り
ダメだと思ったら潔く捨てる事も大事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする