アジやイワシなど魚の冷凍保存や解凍方法について語る!

スポンサーリンク
ライフスタイル

アジやイワシなど魚の
冷凍保存方法についてお話ししていきます。

魚は傷むのが早いものですが
冷凍保存することで長期保存でき
新鮮に美味しく食べることができます。

あくまでも冷凍保存したら
刺身(生)ではなく
加熱調理用になります。

スポンサーリンク

魚の冷凍保存方法。

丸ごと1匹。

魚を丸ごと1匹冷凍保存したい時は
必ず下処理を行ってください。

魚は内臓やエラから痛んでいきます。

冷凍保存する前に
しっかりと下処理することで
新鮮さと美味しさを保つことができます。

下処理
1・ウロコを取る。
2・エラを切り落とす。
3・内臓(ハラワタ)を取る。

頭も切り落としたほうがいいんですが
使う料理によって変わるのでお任せします。

下処理が終わったら
キッチンペーパーなどで
しっかりと水気を拭き取ります。

開きにしない場合は
魚の腹にキッチンペーパーを詰め込んでくださいね。

1匹ずつラップで包んでから
ジッパー付きの袋に入れ
空気を抜いて密封します。

急速冷凍が好ましいので
金属トレイやアルミホイルの上に乗せて
冷凍庫で保存しましょう。

金属トレイやアルミホイルの上に乗せることで
温度(冷気)の伝わりが早くなり
冷凍時の痛みを軽減することができます。

補足。

魚に水分が残っている状態で冷凍すると
霜ができ解凍時に
味が落ちる・劣化の原因になります。

しっかりと拭き取りましょう。

魚を開きにしないまま冷凍保存する時は
魚の腹にキッチンペーパーを詰め込んでおくと
解凍時に中にある余分な水分や臭みを取ってくれる
ドリップの役目があるのでオススメ。

切り身・3枚おろし。

切り身や3枚におろした魚は
キッチンペーパーなどで
表面の水分をしっかりと拭き取って
1切れずつ、1枚ずつラップで包み
ジッパー付きの袋に入れ
空気を抜いて密封します。

急速冷凍が好ましいので
金属トレイやアルミホイルの上に乗せて
冷凍庫で保存しましょう。

金属トレイやアルミホイルの上に乗せることで
温度(冷気)の伝わりが早くなり
冷凍時の痛みを軽減することができます。

下ごしらえして冷凍保存。

魚で作る料理の品が決まっているなら
下味を付けて冷凍保存することもできます。

例えば、照り焼きでしたら
密封袋に魚と調味料を一緒に入れ
そのまま冷凍保存。

食べる日に解凍して
焼くだけで簡単に1品(歓喜)

冷凍されるまでの間
解凍している間で味が染み込みます。

食材は温度が低いほうが
味が染み込みやすくなる傾向があるんです。

また下ごしらえすることで
生のまま冷凍した魚より
1週間ほど期限が長くもなります。

フライならそのまま調理できる。

冷凍保存する魚をフライにする予定なら
衣まで付けて(小麦粉→卵→パン粉)冷凍保存。

わざわざ解凍せずとも
そのまま油で揚げて調理することもできます。

いきなり高温だと外側だけに火が通り
中は火が通っていないことがあるので
低温から高温調理する必要があります。

また軽く揚げてバットに取り出し
少し放置して余熱でじんわり火を通し
高温でカラっと揚げる方法もあります。

【余ったフライは冷凍保存できる。カリっと温める方法】

【余ったフライの使いみち。】

冷凍した魚の保存期間。

生のまま冷凍した場合は
約2~3週間ほど。

”冷凍しているから腐らない”

確かに冷凍していたら腐りませんが
冷凍焼けが起こり劣化し品質低下
つまり美味しくなくなります。

手間暇かけて冷凍保存したんですから
美味しく食べるなら
できるだけ早めに食べきるように。

また上記の保存期間は
あくまでも目安なので
少しでも違和感があるようなら
破棄してくださいね。

冷凍保存した魚の解凍方法。

冷凍保存した魚には
様々な解凍方法があります。

それぞれにメリットデメリットがあり
ご自宅の環境や状況で使い分けて下さい。

基本的に冷凍した魚は
ゆっくりと時間をかけて解凍するほうが
美味しく食べることができます。

冷蔵庫に移して解凍。

調理に使う数時間前に
冷蔵庫に移して自然解凍する方法。

冷凍庫から冷凍庫なので
温度差が激しくなく
ゆっくりと解凍処理できる為
痛みにくく美味しく食べることができます。

ただ、解凍時間が半日ほどかかるので
前もって準備しておく必要がありますが

解凍後でも冷蔵庫内なので
少し(3~4時間程度)なら
そのまま放置することもできます。

水に浸けて解凍。

冷凍魚をジッパー・密封袋に入れたまま
水を張ったボウルや鍋に入れて解凍する方法です。

切り身は30分ほど
丸ごと1匹なら1時間ほどで解凍できます。

ただし解凍後はなるべく早めに
調理するようにしてください。

放っておくと菌が繁殖しダメになってしまいます。

電子レンジを使って解凍。

電子レンジの解凍機能を使った
解凍方法になります。

すぐに解凍することができるので
便利なんですが
あまりオススメできません。

電子レンジは急速で解凍・・・

熱があるので火が通ってしまったり
解凍にムラが出やすくなります。

また急速解凍により
臭みが広がったり品質低下の原因になります。

電子レンジで解凍するなら
少しずつ様子を見ながら解凍してください。

魚の再冷凍はダメ。

冷凍保存した魚を解凍し
再び冷凍することは必ず避けてください。

かなりの品質低下に繋がり
細菌が繁殖し食中毒の原因になります。

どの食材でも再冷凍はよくありませんが
特に魚は傷みやすいので注意してください。

スーパーなどで売られている魚でも
一度冷凍し解凍してから
売られているものもあります。

こちらも再冷凍になるので
魚を買う際は注意してくださいね。

余談。

・丸ごと1匹魚を冷凍保存するなら下処理してから。
・冷凍する時は1つずつラップで包んでから密封袋に入れる。
・冷凍前に下味を付けることで1週間ほど期限が延びる。
・解凍は冷蔵庫か水に浸けて解凍するのがオススメ。
・再冷凍はしないようにする。

魚は非常に痛みやすく保存が難しいですが
新鮮な内に冷凍保存することで
長期保存でき美味しく食べることができます。

下味を付けて冷凍していたら
別の日の時短にもなりますしね♪

魚の冷凍保存はホント便利なので
是非覚えてみてください。

【あさりの冷凍保存方法。賢く冷凍保存して旨味UP】

同じ魚介類のあさりの冷凍方法についてお話ししています。

あさりも痛むのが早いですが
冷凍保存することができます。

また、あさりは一度冷凍することで
旨味がUPし美味しくなる利点もあるので
よければご覧ください。

コメント