簡単にできる白髪ねぎの【切り方・作り方】冷凍保存しておくと便利!

スポンサーリンク
ライフスタイル

白髪ねぎは以外と
簡単に作れるって知ってましたか?

作り方こそ覚えてしまえば
あっという間に作ることができます。

100均で売られている
ネギカッターやフォークを使うと
簡単に白髪ねぎを作ることができますが

やっぱねぇ包丁だけ作れるなら
そうしたいのが男の野心(意味深)

また冷凍保存することもでき
多めに作って長期的な保存が可能になるので
そちらの方もお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

白髪ねぎの切り方・作り方。

白髪ねぎは長ネギの白い部分を切って作ります。

約5cm(好み)の長さに切り
縦に中央まで切込みを入れ

白い部分(周り)
芯の部分に分けることができます。

基本的に白髪ねぎは白い部分だけを切って作りますが
芯の部分を使っても問題ありません。

今回は見た目重視として
白い部分だけを使います。(ドヤァ)

白髪ねぎの切り方。

白い部分を縦にして
手で押さえながら平らにして
細い千切りに切っていきます。

切った白髪ねぎは氷水にさらします。

氷水につけることで
真っ直ぐだったネギが丸くなり
水気を含むことで食感もよくなります。

ネギ特有の辛味も抜けて
食べやすくもなります。

さらす時間は5分ほど。

早く済ましたい方はお箸などで
軽く混ぜてください。(ピオリム効果)

白髪ねぎを冷凍保存したい場合は
氷水につける工程は飛ばしてください。
詳しくは下記にてお話しします。

あとはしっかりと水気を切って
白髪ねぎの完成です。

白髪ねぎの冷凍保存方法。

白髪ねぎはラップで包むか
密封容器に入れて冷蔵保存しても
3~4日ほど日持ちしますが
長期的な保存をしたい場合は冷凍保存がオススメです。

ただ冷凍保存するなら
白髪ねぎの作り方が少し変わってしまうので注意が必要です。

普通なら長ネギを切って水にさらしますが
水気があると冷凍の霜でバリバリになり
解凍したらシナシナになってしまいます。

なので冷凍保存用の白髪ねぎは
切った後、水にさらさず
キッチンペーパーなどで水気を拭き取ってから
密封袋に入れて冷凍します。

保存期間は1か月。

いつも、使わなかった緑の部分は
適当に切って冷凍保存してます。

こちらも冷凍保存で1か月は持ちますし
味噌汁の具や親子丼・かつ丼に使うなら
解凍せずとも凍ったままパッと使えるので便利です。

白髪ねぎの解凍方法。

千切りの白髪ねぎは冷凍庫から出せば
すぐに自然解凍できるので
凍ったまま盛り付けできます。

早く解凍してほしいからと言って
レンジ加熱してしまうと
シナシナになるので注意してくださいね。

コメント