塩が固まるのを防ぐ方法。

スポンサーリンク
調味料


保管してある塩が固まってる。


料理に使う際スプーンなどで崩してから使ってませんか?

いつもサラサラの塩だと使う時ストレス感じずに使う事ができますよね。
「塩は固まる物だからしょうがない」なんて事はもう終わりにしましょ~

袋に余ってしまった塩でも
容器に移し替えて使う塩でも、いつもサラサラの状態で保管する事ができます。

今回は塩をサラサラの状態で保管する方法をお話ししていきます。

それではどうぞッッッ!!

スポンサーリンク

なぜ固まるのか?

塩が固まってしまう原因はひとつで湿気なんです。

塩が空気に触れてしまうと空気中の湿気で塩が溶けて飽和塩水ができます。
この飽和塩水の水分が飛んで結晶ができ、この結晶同士がくっついて塩が固まるとゆう事が起こります。
これが塩の団結という現象なんです。

少し難しいお話しになりましたが、要は塩を湿気に触れさせない事が固まらないようにする方法なんです。

がッッッ!!

すぐに使う用の塩を湿気に触れさせないようにする事なんてできないですよね(苦笑)
そんな事ができるなら塩は固まってません(笑)

その場合は塩を入れる容器に米粒を一緒に入れると固まらずに済みます。
ただ米粒を入れるだけではダメなのでもう少し詳しくお話ししていきます。

塩を固まらずに保管する方法。

塩を買うと結構大き目の袋に入ってますよね?
少しずつ使っていきたいから塩の容器に移し変えてから使う方がほとんどだと思います。

まずは袋に余ってしまった塩の保管方法からお話ししていきます。

袋に余ってしまった塩

余ってしまった時は袋のままで保存せずに、密封容器や瓶などしっかりと蓋をできるものに移し変えましょう。
フリーザーパックでもいいです。
移し変えたら温度変化の少ない冷暗所に保管します。

塩を一定の温度で保つことが大事なんです。

よく冷蔵庫で保管されている方がいますが冷蔵庫より冷暗所をオススメします。
冷蔵庫から取り出した時の急激な温度変化によって固まる可能性があるので冷蔵庫より冷暗所で。

すぐに使う用の塩

塩の容器に移して使う塩(すぐに使える用)に湿気に触れるなッッッ!!なんて事絶対無理です(笑)
もう湿気に触れまくってます。(だから固まるんだな。)

この場合は湿気に触れさせない様にするのではなく湿気を取る方法で保存します。

塩を移し変えた容器に米粒を一緒に入れると固まらずに済みます。

ただ入れる米粒は生のままではなく一度乾煎りした米粒。

家では5~10粒程度の煎り米を入れてます。

煎り米の作り方。

お米は洗っても洗わなくてもどちらでもいいです。
ただしお米を洗った場合はしっかり水気を切っておいてくださいね。

熱したフライパンに油を引かずに乾煎りします。(弱火~中火)
お米がこんがりキツネ色になればOKで、しっかりと冷ましてから塩を一緒に容器に入れてください。

米の成分のデンプンを加熱したものは、水を吸収する性質があります。
ですので、煎り米を一緒に入れておく事で固まるのを防止できます。

余談。

いかがだったでしょうか?

塩が固まっていると料理に使う時やすぐに使いたい時ホント不便です。
いつもサラサラの塩を常備出来ればストレスなく使う事ができ、料理を楽しくできます。

そして塩と一緒に入れた煎り米の期限ですが、煎り米は昔から保存食として使われているほどの日持ちのいいものです。
自分自身、何か月も入れっぱなしで煎り米の効果が無くなった試しがないので、容器の塩を入れ替えるたびに煎り米を入れ替える感覚でいけると思います。

煎り米なんて簡単にできますしね。

それにこの煎り米を入れる方法は塩コショウにも使えますので是非一度お試しを。

固まってしまった塩を
サラサラに戻す方法もあります。

固まった塩をサラサラに戻す方法。
固まってしまった塩をサラサラにしたい。 以前は塩を固まらないようにする保存方法をお話ししました。 簡単な事で乾煎りした米粒を塩と一緒に入れておくだけで固まらずに済みます。 生米をそのまま入れるだけじゃダメですよ。 詳...

コメント