食戟のソーマ原作おまけレシピを再現!【鰆おにぎり茶漬け】


どーも龍之介ですッッッ!!

週刊少年ジャンプで連載されている漫画
「食戟のソーマ」

今回は単行本第2巻におまけ収録されているレシピ

【鰆おにぎり茶漬け】

を作ってみました。

極星寮でソーマの歓迎会が行われ
そろそろお開きになろうとしていた時

【遠月十傑・第七席 一色慧】

通称:一色先輩

一色先輩が「鰆の山椒焼きピューレ添え」を作り
その料理に刺激を受けたソーマが作った品こそ

ゆきひら裏メニューその20(改)である

「鰆おにぎり茶漬け」なんです。

それでは作っていきたいと思います。

どーぞッッッ!!

 

スポンサーリンク

調理開始ぃぃぃ!

材料

鰆の切り身 ・・・ 1切れ
(鮭や鯛、鯖などでも可)

オリーブオイル ・・・ 大さじ1

ご飯 ・・・ 適宜

昆布茶 ・・・ 適宜

塩・胡椒・刻み塩昆布・三つ葉 ・・・ 適宜

原作では鰆の切り身を使用してましたが
本来は鮭の切り身で作る用なので、鮭の切り身を使いました。

鮭を焼く。

鮭に塩・胡椒を振り、三つ葉はざく切りに。

フライパンにオリーブオイルを入れて熱し鮭の皮目から焼く。

皮がこんがり焼けて身が白くなってきたら裏返しさっと焼きます。

ここでソーマは魚を焼く時にポワレという
フランス料理の技法を使っています。

※ポワレ
フランス料理における素材の焼き方「ソテー」の一種。
パレットナイフ等を使い素材を抑えながら均一に焼き色を付ける技法。
臭みが出ないように魚から出た脂を逐一捨て
オリーブオイルを足しつつ焼く方法。

焼く時にポワレして焼いてみました。

バンッ!

上手に出来たかわからんけど気持ちが大事だと言いたいぃ~♪(あるある~♪)

焼けたら6等分に切ります。

ニンニンを作る。

ご飯に刻み塩昆布を混ぜ
鮭の切り身が中央にくるようにニンニンを作る。

※ニンニンとは
小さい子供に、おにぎりを教える時
ついついニンニンと教えてしまう事。

仕上げ。

ニンニンをお茶碗に入れ、熱熱の昆布茶を注ぎ
ざく切りにした三つ葉をトッピングして完成です。


 

食べた感想・まとめ。

うんっまいっ!

めちゃくちゃ美味いです!

鮭とご飯の相性はもちろんの事
塩昆布を昆布茶が絶妙にマッチしてて
最後に三つ葉が締めるッッッ!!

旨すぎですッッッ!!

昆布茶に浸らなかった部分は皮がパリパリで
昆布茶が浸った部分はまたまた違う味わい。

お酒の〆に出されたら完全にやられます(笑)

レシピにあった
鰆でも鮭でも鯛・鯖でも可の意味がわかるように
皮が分厚い魚ならどれでも美味しくできると思います。

食戟のソーマ単行本におまけ収録されているレシピは
全部美味しすぎてビックリ!

特に今回ご紹介した【鰆おにぎり茶漬け】なんかは
食材も一般的で作り方もシンプルで簡単!

ホントにオススメです!

是非一度作ってみてください!

めばえ!

原作を見ている方ならわかるはず(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする