タバスコの正しい保存方法と開封後の賞味期限について

パスタやピザ、イタリアン系を食べる際には必須とも言えるタバスコ。

しかしながら一度に使う量は知れていて
中々タバスコを使い切っているご家庭が少ないと思います。

またタバスコのビンには賞味期限が記載されていなく
不安になった事ってありません?

タバスコの賞味期限は外箱に記載されています。

スポンサーリンク

タバスコの賞味期限の記載について

ほとんどの方が瓶のまま保存されていて
外箱を捨てていると思います。
タバスコは瓶ではなく外箱に賞味期限が記載されていているので
瓶には賞味期限が記載されていません。

外箱の上に040617と記載されているのが製造年月日2017年4月6日
その下に220406と記載されているのが賞味期限2022年4月6日になります。

また瓶に記載されている数字は製造年月日になるので注意が必要です(苦笑)

対処法としては箱から取り出した時
瓶に賞味期限を書くようにするなどしかありませんね。

タバスコの賞味期限

あくまでも外箱に記載されている賞味期限が適用されるのは
未開封の場合になります。
開封すると賞味期限が変わり月日と共に
味&風味が劣化していきます。

未開封の場合

基本的に常温保存。
高温多湿を避け直射日光を避けて保存。
未開封なら製造年月日から5年ほど賞味期限があります。

開封後の場合

常温保存で3か月
冷蔵保存であれば半年ぐらいが目安の賞味期限とされています。
ですが賞味期限が切れたからといってすぐにどうこうなるのではなく
使える事は使えます。

ただ放置が長いと中の液体が分離しているので
使う時は振ってから使うようにして下さい。
振っても中身がすぐに分離したりうまく混ざらないようでしたら
買え時なんですが、そうなる前に使い切るほうが無難です。

タバスコの保存方法

開封後のタバスコは
常温保存で1か月
冷蔵保存で3か月とお話ししましたが
タバスコの保存は常温保存が一番いいとされています。

箱やビンにも「冷暗所にて保存」と記載されているように
タバスコの正しい保存方法は常温保存になります。

冷蔵すると入れて出しての繰り返しになり
急な温度変化と共に風味が劣化しやすくなるからと言われております。

風味、味を保ちたいなら常温にて保存。
多少なら構わないから長持ちしたいって方は冷蔵保存ですね。

変色している。

タバスコを久しぶり使おうと思い見ると変色している事があります。
一見腐っているように見えますが実は腐っていません。

タバスコには保存料や添加物が入っていなく
日光の光や人工の光に影響されて変色しているだけなんです。

唐辛子、岩塩、穀物酢からタバスコは作られていて
これら食材によりタバスコは腐る事はないと言われています。
ただ種類によって多少異なるようでチェックしてみてはどうでしょうか?

ただいつ開けたのかわからなかったり
不安になるようでしたら買い換えたほうが賢いです。

余談。

いかがだったでしょうか?

タバスコについて語らせてもらいました。

一見ピザやパスタなどイタリアン系しか使い道がないと思われガチですが
タバスコには様々な使い道があります。

この機会に是非調べてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする