天ぷらの温め直し4選!自宅で合う簡単な温め方法

ライフスタイル

天ぷら屋さんへ行けば揚げたてサクサクな
ベストな状態で食べる事ができますが
自宅ではなかなかそうは行きませんよね。

スーパーなどのお惣菜コーナーには
自宅では作らないような天ぷらや
色んな種類の天ぷらが売られているので
ついつい買ってしまいます。

しかし自宅で温めてもフニャフニャになったり
油っぽくなったりしてなんだか美味しくない・・・

こんな経験ありません?

自宅で天ぷらを温め直して
サクサク復活(揚げたてに近い感じ)
取り戻す方法はあります。

スポンサーリンク

天ぷらを温め直し4選!

これから4つの天ぷらの温め直し方法をご紹介します。
ご自分の環境に合う方法で構いません。
自宅でも簡単にサクサクの天ぷらが蘇ります。

電子レンジとオーブントースター2つを使う

電子レンジでは中を温めオーブントースターは
外側をサクサクに仕上げる役目をします。

手順

電子レンジで30秒~1分ほど温めます。

オーブントースターで約2分ほど焼いたら完成です。

上記の加熱時間はあくまでも目安で
具材や大きさによって異なります。

比率的には
電子レンジ【少なめ】
オーブントースター【多め】
といった感じで温めてもらうとOKです。

オーブントースターのみを使った温め方法も。

薄い天ぷらなどだったらオーブントースターだけでも十分です。
しかし普通に焼いて温める前に1度水を吹きかける事で
よりサクサクな仕上がりになります。

手順

天ぷらの両面に霧吹きで水をまんべんなく
吹きかけます。

オーブントースターで3分~5分ほど焼いたら完成。

水を吹きかけてベチャっとなってしまっても大丈夫です。
加熱の際に飛ぶ水分の代わりをしてくれており
かけ過ぎたかな?と思うぐらいがちょうどいいです。

しかしオーブントースターだけでは中まで熱が通りにくく
先に表面が焼かれるので厚みのある天ぷらでは難儀します。
めんどうかもしれませんが
電子レンジとオーブントースター2つを使い温め直す方が
間違いありません。

魚焼きグリルを使う

ヘルシーに天ぷらを温め直したいなら
ガスコンログリル
魚焼きグリルがオススメです。

手順

魚を焼く要領で天ぷらを入れてます。

片面2分~4分ほど焼いたら完成

グリルは直火で表面を焼きながら
衣の余分な水分を飛ばしてくれる役目と
放射熱で包み込むように加熱するので
表面はパリっと中はジューシーになります。

ただ直火ですので焦げ付きやすい傾向があり
ちょくちょく確認しながら温めて下さい。

グリルで温める方法は他の揚げ物でも応用でき
餃子やから揚げなどの温めにも使えます。
焦げ目が気になる場合は
アルミホイルを被せるなどして下さい。

天ぷらをもう1度揚げ直す。

ただ単純に揚げ直すのではなく
1度天ぷらを水に付けてから揚げ直す方法になります。

手順

天ぷらを水にくぐらせます。

キッチンペーパーなどでよく水気を拭き取ります。
水分が残っていると油ハネします。

160℃程度の低温で揚げて完成。

1度水にくぐらせる行為とゆうのは
揚げる際に飛ぶ水分を補充していると考えてください。
この1度水にくぐらせてから揚げ直す方法が
一番出来立てに近い感じで天ぷらを温め直す事ができます。


以上が天ぷら温め直し4選!となります。
いずれの方法も自宅の環境に合った方法で試してみて下さい。

電子レンジだけでは不足

やはり手軽な温め直し方と言ったら【電子レンジ】です。
電子レンジはマイクロ波(電磁波)を食材の水分子に当てて発熱させています。
食材の内部が先に次第に外側が温まっていきます。
その為中の水分が蒸発、それを衣が吸ってしまい
ベチャっとなってしまいます。

これは電子レンジの特徴なので仕方がありません。
ですが先ほど、お話ししたオーブントースターも使う事で
天ぷらをサクサクに温める事が可能になります。

しんなりした天ぷらが好みの方もいるようで
そんな方は電子レンジの温めだけで十分です!
ただ温め過ぎには注意してくださいね!

余談。

さていかがだったでしょうか?

天ぷらの温め直し4選!のお話しをさせて頂きました。

天ぷらは日本食の代表である和食です。
温め方さえ分かれば
スーパーなどの惣菜天ぷらなんてもう怖くありません(笑)

これからはガンガン美味しい天ぷらを味わってください。

余談中の余談ですが
ヘルシオのフライ温め機能は
電子レンジとオーブントースター2役をやってくれます(苦笑)
つまりヘルシオなら電子レンジで温めてから~
オーブントースターで焼いて~
などとしなくてもボタン一つでサクサクに蘇ります(困惑)

便利な時代になったものです。(遠い目)

コメント