開封後のチューブ練りからしの賞味期限はどのぐらい?納豆についている小袋のからしは冷凍保存で決まり!

調味料

チューブ練りからしを冷蔵庫に常備されている方って多いですよね。

未開封なら賞味期限が長いですが
開封したとなると賞味期限はグっと短くなるものです。

いつ開封したかなんて覚えていなく
不安になる事って結構多いんじゃないでしょうか?

スポンサーリンク

チューブ練りからしの賞味期限

わさびとからしは5年はカビが生えないと言われているぐらいで
中々腐りにくいと思っている方多いと思います。
ですがちゃんと賞味期限はあり腐りもします。

チューブ練りからしの賞味期限は下記を目安にお使いください。

未開封の場合

未開封なら賞味期限は6か月から12か月ほど。
賞味期限のふり幅がでかいのは各メーカーさんによって賞味期限が違うからで箱に明記されています。
また保存状態によって賞味期限未満でも腐る事はあります。

未開封であれば高温多湿を避け直射日光を避ければ常温保存可能です。

開封後の場合

箱に「開封後はお早めにお召し上がりください。」と記載されていますが
開封後のチューブ練りからしの賞味期限は3か月が目安とされています。

また開封後はしっかりとフタを閉め
常温保存ではなく冷蔵保存(10℃以下)での保存となります。

賞味期限が過ぎていても使える?

賞味期限とはその食品を美味しく食べられる期間の事で
過ぎたからと言ってすぐにダメになるという訳ではありません。

しかし、わさびやからしなど風味を大事にしている調味料など
封を開けてしまってから劣化が進みます。
劣化が進むと風味が無くなってしまいます。

また、からし自身高い防腐作用がある為
滅多な事では細菌が繁殖できません。

例えば賞味期限が1年や2年ほどでは味や風味の劣化があるものの
腐る事はそうないようです。
(チューブの開口部分が狭い為、細菌が侵入しにくいとゆう事もあります。)

いくら腐らないと言っても
賞味期限切れのチューブ練りからしを使用する場合は
必ず確認してから使用してくださいね。
あくまでも自己責任でお願いします。

ホントは買い替えがオススメ(苦笑)

納豆に付いている小袋のからしは冷凍保存できる。

小さなお子様や辛いのが苦手な方がいる家庭では
どうしても納豆に付いている小袋のからしが余ってしまいます。

捨てるのが勿体ないから取っておきたいけど
袋自体に賞味期限が記載されていないので
なんか怖いから結局捨てる!なんて経験ありません?

実際問題、小袋のからしは冷蔵保存で1か月は大丈夫とされています。

1か月大丈夫なら結構イケる!なんて思いそうですが
からし自体そこまで使用頻度が高くなく1か月なんて
あっという間に経ってしまいます。

そこでオススメしたいのが小袋からしの冷凍保存です。

小袋のままフリーザーパックに入れて密封し冷凍。
できるだけ冷凍庫の奥のほうで冷凍しましょう。
入口付近だと開け閉めの温度変化が大きいので。

解凍方法は冷蔵庫に移してからの自然解凍。
もしくは、流水で溶かす。
形が平らで薄いので簡単に解凍できます。

冷凍保存期間は冷凍してから約半年ほどです。

一度解凍してしまったら使うようにして下さい。
どの食品でもそうですが冷凍、解凍の繰り返しはよくありません。】

冷凍も解凍方法も簡単なので
小袋のからしが余りガチな方は是非試してみて下さい。

1回分ずつ小分けにされているから
ホント便利なんですよね(笑)

おでん買ってからしを忘れた時とかね(歓喜)

余談。

いかがだったでしょうか?

チューブ練りからしについて語らせてもらいました。
その他のチューブ型の調味料についてもコチラでお話ししています。

■チューブわさびの賞味期限は?
■柚子胡椒の賢い保存方法。
■生姜チューブの賞味期限ってどれぐらい?
■にんにくチューブの賞味期限について

コメント