アレルギーをおこしやすい要注意食べ物ってどんなもの?

スポンサーリンク
子供の食事

小さなお子さんでも、アレルギーを起こしてしまうことがあります。

お子さんに突然じんましんが出たり、体調が突然悪くなったりすると、パパやママは心配と不安で慌ててしまいますよね。

それまで元気だった子の突然の異変は、何人もの子供を育てているパパやママでも、やっぱり慌ててしまうものです。

しかし、ほんの少しでも知識が頭の片隅にあれば「あれ?もしかして…」となんとなくの予想がつけれるようになります。

そこで、今回は食物アレルギーをおこしやすい食べ物とその特徴などをご紹介します。

スポンサーリンク

たまごアレルギーについて

たまごアレルギーの原因のほとんどが卵白に含まれている、たんぱく成分です。

そのため、茹で玉子の黄身の部分だけを食べてもアレルギー反応が起こらないこともあります。

さらに、白身のたんぱく成分は水に溶けやすいため、スープなどに入ったたまごを除いて食べたとしても、アレルギー反応を起こしてしまうことがありますので、気を付けなくてはいけません。

人によって同じアレルギーでも、反応のおきかたや、強さが違うので一概には言えませんが、たまごの場合は熱を加えれば加えるほど、アレルギー反応を越しにくくなります。

たまごは、お子さんの大好きなお菓子やケーキ、プリンやババロアなどにも含まれていることが多いのですが、その多くは熱処理をされています。

アレルギー反応を起こしにくいものにはなっていますが、お子さんが小さいうちは避けた方がいいでしょう。

たまごアレルギーは、成長と共に改善されていくことが多いので、将来的には普通に食べられるようになる可能性があります。

症状を悪化させないためにも、無理をせずたまごを避けた食事を心がけましょう。

そして、食品以外でも注意をしなければいけないのが、お薬です。

風邪薬などにもたまごを使用したものがあるので、アレルギーを持っていることを必ずお医者さんに伝えましょう。

インフルエンザの予防接種もたまごアレルギーの人は受けることができません。

お医者さんと相談の上で、予防に注意を払うようにしましょう。

牛乳アレルギーについて

給食で付き物の牛乳も、アレルギーの原因食品の一つです。

赤ちゃん用の粉ミルクにも含まれているため、注意が必要です。

ミルクアレルギーの赤ちゃんのために作られた、専用の粉ミルクがありますのでそちらを飲ませることになります。

牛乳アレルギーの場合は、加熱や発酵など加工してもアレルギー成分は弱まらないため、アレルギーを起こしてしまったら牛乳が使われた食品全てを避けなければいけません。

たまご同様、お子さんの大好きなものに含まれていることが多いため、食べられるメニューが激減してしまいますが、牛乳アレルギーも成長と共に回復する傾向があります。

全ての人がそうなれるとは限りませんが、症状を悪化させないためにも、口にしないように注意してあげましょう。

医薬品に含まれていることもありますので、必ずお医者さんにアレルギーのことを告げて、牛乳成分の含まないお薬にかえてもらうようにしてください。

牛乳アレルギーのお子さんには、アレルギー専用の粉ミルクを使っておやつを手作りしてあげると安心です。

また「乳」の文字が名前に含まれている食品成分の中でも、牛乳とは無関係のものもありますので、詳しくはかかりつけのお医者さんに相談して認識しておく必要があります。

小麦アレルギーについて

小麦アレルギーは、熱によってアレルギー成分が弱まることがありません。

したがって、パンやケーキなどに加工されていてもアレルギー反応が起きます。

小麦アレルギーは、離乳食前のアトピー性皮膚炎をもつ赤ちゃんがすでに持っていることもあり、わからないまま初めてのパン粥などで反応してしまうケースも少なくありません。

アナフィラキシーショックの危険もありますので、アトピーの赤ちゃんや、パパやママのどちらかがアレルギー体質の場合は、特に注意が必要です。

また、調味料の味噌や醤油にも小麦が使われているものも多いですが、発酵過程でアレルギー成分が分解されているので、危険性は少ないと言われています。

それでも、心配な場合はお医者さんに相談してから食べさせるかどうか決めた方が無難です。

落花生アレルギーについて

たまごや小麦などに比べて、強いアレルギー反応をおこすピーナッツアレルギーは、小さな赤ちゃんに限らず大人でも細心の注意が必要です。

ピーナッツの場合、殻にもアレルギー成分があるため、例えば隣で誰かピーナッツの殻を割っただけでも反応してしまうこともあります。

さらに、このアレルギーは生涯続くと言われているので、一度発症してしまったらピーナッツを避けながら生活しなければならなくなります。

また、ピーナッツでアレルギーを起こしてしまう人は、他のナッツ類も危険ですので食べないようにしなければいけません。

ほとんどの場合、幼児期に発症してそのままずっと続くので、気が抜けない生活が続くことになってしまいます。

市販のスナック菓子や、菓子パン、サンドイッチなどにも使われていることがあるので、市販のものを買うときはしっかりと確かめてか買うようにしましょう。

小さなお子さんの場合は、危険がよりいっそう増してしまうので、家族みんなで協力して守ってあげましょう。

ソバアレルギーについて

日本ではソバアレルギーでアナフィラキシーショックを起こしてしまう人が多いことが知られています。

特徴としては、ソバそのものだけではなく、そば殻にも反応してしまうことや、ソバのゆで汁や蒸気にまで反応してしまうので、ソバを扱うお店などを避けている人がほとんどです。

さらに、ソバをゆでた釜でうどんをゆでた場合も反応してしまうので、ファミレスなどで食事をする際はアレルギーのことを告げてしっかりと予防しましょう。

特に、小さいお子さんの場合は食べやすいうどんを頼むこともあるかもしれませんが、ソバを扱っているかどうかを確かめてからお店選びをしなくてはいけません。

アレルギー反応が強いため、小さいお子さんは重症化しやすく危険です。

ソバアレルギーと診断されたら、家族みんなで気をつけてあげるようにしてください。

甲殻類アレルギーについて

エビアレルギーがよく知られている甲殻類アレルギーですが、実はカニにも反応してしまうことが多いことが知られています。

その他に、20%の割合で貝類やイカ、タコにも反応してしまう人がいるので、甲殻類アレルギーと診断されたら、注意をしなければいけません。

幼児期に発症して大人まで軽減することは少ないと言われています。

アレルギー症状は、口の中に蕁麻疹ができたり、ひどいときは気管や食道にまでできてしまうときがあります。

アナフィラキシーショックを起こしてしまうこともあるため、疑いがある場合はお医者さんに相談することが大切です。

小さなお子さんは特に危険が増してしまうので、パパやママがアレルギー体質だったり、エヒやカニなどを触ると手が痒くなるなど、見に覚えがある場合は特に注意が必要です。

そして、甲殻類の場合、高い温度で熱処理をすることでアレルギー成分がなくなるということがわかっているので、エヒやかにのお菓子では反応することがほぼありません。

「エビのお菓子を食べても大丈夫だから」ということはないので、特に小さなお子さんが初めて食べるときなどは、細心の注意が必要です。

貝類やエビ・カニの甲殻類はいつから食べさせる?

アレルギーを知って危険を回避!!

アレルギーの原因になる食品は、この他にもたくさんあります。

果物や野菜などにも原因となる成分が含まれているものがたくさんありますので、お子さんに初めて食べさせるものは、一口食べて時間をおいて様子を見てから、二口目を与えるようにしましょう。

アレルギーを持っている人が、年々増え続けているのは現実です。

パパやママが「自分が大丈夫だからこの子も大丈夫」などという、安易な考え方ではいないように、アレルギーは怖いのだと認識しておきましょう。

子供の食事
スポンサーリンク
賄い喫茶店。

コメント