簡単!フライパンで本格焼き魚の焼き方。

スポンサーリンク
ライフスタイル

フライパンで簡単に焼き魚が焼けちゃうんです。
皮はパリパリ身はふっくらと仕上がって余分な脂も落ちヘルシー!
ハッキリ言って、グリルで焼くより美味しくできます!

フライパンで焼き魚を作る方法を覚えたらグリルで魚を焼く必要無くなると思います(笑)

グリルで焼くと煙や臭いが気になる。
そしてなんと言っても後片付けがめんどう。

ホントめんどくさいッッッ!!

網の部分なんて何回洗ったら綺麗になるの?
ちゃんと洗ったはずなのに臭いが残ってるなど。

焼き魚は好きだけど後片付けがめんどうだから疎遠がちになっている方って結構多いと思います。

そんな方にはホントに簡単にフライパンで魚の焼き方を知ってほしいです。

それではどうぞッッッ!!

スポンサーリンク

焼き方。

まず用意する物。

・フライパン
・クッキングシート
・焼きたい魚

クッキングシートじゃなくアルミホイルでもいいんですが
魚がくっつきやすくなるのでクッキングシートをオススメ。

 フライパンにクッキングシートを引きます。クッキングシートはフライパンの大きさに合わせてハサミで切るか内側に折りたたみクッキングシートが浮かないようにします。
クッキングシートがフライパンよりはみ出てしまうと発火の恐れがあるので、はみ出さないようにお願いします。

 皮のほうを下にして、中火~弱火で皮に焼き目がつくまでじっくりと焼きます。

 皮に焼き目がついたらひっくり返して焼き、中までしっかり火が通ったら出来上がりです。

焼き魚如くホント焼くだけです(笑)
クッキングシートを引いているので油要らずでひっつきません。

焼いている際、魚から脂が出てきます。
脂が気になる方、ヘルシーに食べたい方はキッチンペーパーなどで出てきた脂を拭きとってください。

焼く時のポイントや注意点がありますが、大まかな工程は以上になります。

ね?

簡単でしょ(笑)?

ポイント&注意点

これはちゃんと覚えておいてほしいです。
皮がしんなりしたり身がパサパサになってしまいますので・・・。

これさえ守ればフライパンでも本格的な焼き魚ができます。

塩はしっかりと振る事。

いつもより、ちょっと多めぐらいがいいです。
こうする事で魚から水分が出て、生臭さがとれ身も引き締まって美味しくなります。
焼く前に魚から出た水分はキッチンペーパーなどでしっかり拭き取っておきましょ~

強火にしない!上手に焼けなくなる原因です。

焼く際は常に弱火に近い中火でじっくりと焼いてください。
「強火で焼いて皮をパリっとさせる」
とか思われガチですが焦げる原因になりますし、中までしっかり火が通らない原因にもなります。

弱火に近い中火でもじっくり焼けば
皮はパリパリになりますし身はふっくらと焼けるので、絶対に強火にはしないでくださいね。

何度もひっくり返さない。

焼く時は皮のほうを下にして焼き、皮に十分な焼き目が付いたらひっくり返します。
ひっくり返したら弱火にし、ほんのり焼き目が付いたら出来上がりです。

フタはしない。

フタをしてしまうと中に蒸気がこもってしまい
皮をパリっと焼き上げることができません。

また魚から出る汁が多くなってしまいベチャベチャになるので
フタをしないようにお願いします。

分厚い魚を焼く時は焼き初めの時にフタをし
ひっくり返したらフタを外してください。

切り身や分厚い魚の場合。

切り身の魚を焼く時・・・え?皮のほうから焼くってどっち??ってなると思います。
特に鮭の切り身など。

そんな時はフライパンの中央で焼くのではなく、隅のほうで焼くと上手くできます。
隅のほうだったら切り身の場合でも皮目の面がすべてフライパンに当たりますので。

分厚い魚の場合は・・・フタをして焼き、ひっくり返したらフタを取って焼くとゆう感じでいけます。

まとめ

・塩はいつもより少し多めに振る。
・フタはしない。
・皮目を下にして焼く。
・何度もひっくり返さない。
・火力は弱火に近い中火。

フライパンでも焼き魚が作れますッッッ!!

もうグリル要らず(笑)

ポイントや注意点がありますが特に難しい事じゃないので、すぐに実践できると思います。

クッキングシートを引いているから油要らずでヘルシーで美味しくなりますし
グリルを使わないので後片付けが本当に楽チンです。

是非一度お試しください。

コメント