【全集】一般的な食材の切り方。

スポンサーリンク
ライフ

料理をテレビや動画で見るときには困りませんが、レシピ本を見ながら調理するとき【○○切り】とゆう表記にわからないときもあります。

煮物・炒め物・サラダなど、作る料理によって適した切り方はさまざま。

なので、日常的によく使う切り方をまとめてみました。

スポンサーリンク

輪切り。

切り口の丸い野菜、ダイコンやニンジン・タマネギなどを端から切る切り方。
厚さは作るレシピによって変える。

薄切り・小口切り。

キュウリやネギなどの細長い食材を端から切ることを小口切り。
食材そのものを薄く切る切り方が薄切り。
どちらも厚さ1~2mm程度とされている。

半月切り。

ダイコンやニンジンなど、丸い野菜類をタテ半分に切ってから一定の厚さに切ったもの。また輪切りに切ったものを半分に切った形で、半月に似ていることから半月切りと言われている。
厚さはレシピに合わせた切り方でよく決まりはない。

いちょう切り。

ダイコンやニンジンなどを半月切りを半分にした切り方で、いちょうの葉の形に似ていることからこの名前に。
丸い野菜類をタテ半分に切り、さらにタテ半分に切った形。
厚さはそれぞれのレシピに合わせた切り方でよく決まりはない。

くし形切り。

長円形・球形の食材をくしの形に切る切り方。
タテ半分に切り、さらに包丁を斜めに入れて3、4等分の放射状に切る。

乱切り。

ニンジンやキュウリなどの細長い食材を不規則な形に切る切り方で、食材を回しながら斜めに切っていく。
切り口が広くなるので味が染み込みやすくなる。

千切り。

薄く切った食材を端から細長く切る切り方。

みじん切り。

千切りしたものをさらに端から細かく切っていくこと。
慣れないと難しいがタマネギのみじん切りはちょっとしたコツで手早く簡単にできる。

玉ねぎみじん切り
検索

ささがき。

ゴボウなど丸くて細い食材を鉛筆を削る要領で薄く削ぎ切ること。
切った形が笹の葉に似ていることから「ささがき」と言われている。

拍子木切り。

拍子木のように細長い棒状に切ること。(拍子木とは、「火の用心」で使う棒のこと)
目安は4~5㎝長さで約1㎝角。繊維に沿って切ると歯ごたえが上がる。

さいの目切り。

サイコロのような立方体に切る切り方。
拍子木切りを端から切るとできる。
目安は1~1.5㎝角で、これより大きいものが角切り。

短冊切り。

七夕で馴染みの短冊のように切る切り方。薄い長方形の形。
長さは4~5㎝、幅は1㎝で2mmくらいの薄さが目安。

ひと口大に切る。

食べやすく切るとも言います。目安は3~4㎝角くらい。
いろんな食材に使われることが多い切り方。

面取り。

面取りをする理由は煮崩れ防止・味が染み込みやすくなる・調理時間の短縮。
野菜の面取りはピーラーを使用すると簡単にできる。

そぎ切り。

厚みのある食材をそぐように切る切り方。
切り口の表面積が大きくなるので火のとおりが早くなり時短になる。
包丁を寝かせ手前に引いてそぎ切っていく。

コメント