牛乳ダイエットが凄い!ただ飲むだけじゃなく飲むタイミングが大事!

スポンサーリンク
飲料


牛乳ダイエットって知っていますか?

牛乳はカロリーが高いイメージや飲むと骨が太くなって痩せれない!なんて思っていませんか?

牛乳は栄養分が豊富な為カロリーが高いのは確かです。
しかしそれ以上にダイエットに嬉しい効能がたくさんあって、改めて牛乳ってすげぇ~なっ!って思いました。

牛乳ダイエットは確実にココにあります。

俺が言うんだから間違いありません。

(ん?お前誰だ?(;´・ω・))

スポンサーリンク

牛乳ダイエットの方法。

食事の前にコップ1杯(200ml)の牛乳を飲めばダイエット効果に期待できます。

脂肪分が多い牛乳を飲むと脳の満腹中枢が刺激され自然とその後の食事の量が減ります。
同時に牛乳を飲む時はよく噛んで飲むようにしましょう。

よく噛むことで冷たい牛乳を飲んでも人肌程度まで温まり体の冷えを抑えることができます。体が冷えてしまうと代謝が下がってダイエットの妨げになるので。
噛む回数はひと口あたり20~30回を目安に。

また噛む運動は満腹中枢をさらに刺激してくれます♪

継続しよう。

この食事前に飲む牛乳ダイエット。

ダイエット効果がでるまで結構時間がかかります。
個人差もあるので一概には言えませんが”最低でも1か月以上”は続けるようにしましょうね。

まあ牛乳の脂肪分と噛む運動で満腹中枢が刺激され食事の量が減るのは間違いないです。
ただ胃袋が小さくなる訳とかではないんで継続が大事です。

牛乳を飲むタイミング。

食事前に牛乳を飲むほうがダイエット効果は一番高いです。

しかし、それ以外でも牛乳を飲んだほうがいいタイミングがあります。

運動後。

運動した後はタンパク質を消費します。
牛乳に含まれている良質なタンパク質を運動後に摂取すれば効率よく筋肉を鍛えることができます。

飲むタイミングは運動後30分以内がベスト!

寝る前。

寝つきが悪い時によく聞くのがホットミルク。安眠作用があります。
これはダイエットにも効果的で良質な睡眠は成長ホルモンが分泌されて基礎代謝アップが期待できます。
代謝が上がると脂肪燃焼効果があるので寝る前にホットミルクを飲むようにしましょう。

飲むタイミングは寝る1時間前がベスト!

小腹が空いたとき。

牛乳にはお茶や水と違い空腹感を和らげる効果があります。

牛乳は栄養が豊富な分それなりのカロリーがありますが小腹が空いたときに食べるお菓子などに比べると遥かに低いカロリーです。(食べ物によるけど)

飲む牛乳の種類は?

大きく分けて牛乳の種類は普通牛乳と低脂肪牛乳があります。
それぞれのカロリーを見てみると…

【コップ1杯(200ml)あたり】

普通牛乳 :134kcal
低脂肪牛乳:92kcal

カロリーだけとみてみると低脂肪牛乳のほうが良さそうなんですが、正直なところどちらでも大丈夫です。
もっと言うと普段から飲んでいる牛乳で構いません。

いつも普通の牛乳を飲んでいるのに急に低脂肪牛乳を飲むとサッパリしているので味気なく感じたりします。(逆も然り)
この牛乳ダイエットは何より継続が1番大事なんで飲み慣れているほうを選んでくださいね。

ここで牛乳の種類について出てきましたが詳しくはコチラで。

【まとめ】曖昧だったから牛乳の種類をまとめてみた!
牛乳は昔からあって学校の給食時にはよくお世話になったものです。(色んな意味で) 最近では「成分調整牛乳」やら「乳飲料」など色んな書かれ方の牛乳が多くなっていたりしてコレらって一体なんなんだろう? 牛乳ってなんなんだ?(錯乱) ...

牛乳のダイエット効果。

もちろん牛乳ダイエットは満腹中枢を刺激するだけではありません。
ちゃんと牛乳の成分でもダイエット効果が期待できます。

脂肪の抑制・分解。

人はカルシウム不足になると体脂肪が燃えにくくなり体に脂肪が溜まってしまいます。
牛乳には豊富にカルシウムが含まれていますから摂取することで体脂肪が燃えやすくなり痩せやすくなる仕組みです。

また体内のカルシウム血中濃度が高まるとカルシウム調整ホルモンの働きによって脂肪細胞内のカルシウム濃度が下がります。
この働きにより”脂肪の合成を抑制”尚且つ”脂肪の分解が促進”されダブルで嬉しい効能があります。

【歯や骨だけじゃない!】カルシウムについて語る。
カルシウムは妊娠や授乳期子供の成長期には欠かせたくない大事な栄養素です。 特に幼児ではカルシウムが不足すると骨の発育障害が起こり成長が悪くなり高齢期になると骨粗しょう症などの病気になる可能性もあります。 そしてカルシウムは”骨や...

基礎代謝アップ。

牛乳は動物性の食べ物でアミノ酸が豊富です。

その中でも「バリン・ロイシン・イソロイシン」などのアミノ酸は筋肉増加・維持に繋がり代謝が上がるので脂肪の燃えやすい体質、太りにくい体になります。

便秘予防・改善。

牛乳の成分である乳糖(ラクトース)が腸内細菌により分解され腸内ぜん動が活発になり便秘解消に。また乳糖には便を柔らかくする働きもあります。
乳酸菌も増え腸内環境が整えられる作用もあるので、結果便秘の予防・改善になります。

また便秘解消はお腹のハリを解消するだけじゃなくデトックス効果や美容に繋がります。

ストレスの緩和。

カルシウムには「神経の伝達」とゆう大事な働きがあります。カルシウムが不足すると神経の伝達が遅れてしまい、イライラしたり緊張状態が続いたりしてストレスになります。
特に仕事や育児が忙しい時、この記事でも紹介しているダイエット中なんかはストレスが溜まりやすい環境です。冷たい牛乳を飲んでもストレス緩和効果がありますが、やはりホットミルクを飲んで一息ついたほうがカラダ的にも気持ち的にも落ち着かせることができます。

余談。

冒頭でお話ししたように牛乳ダイエットは短期型ではなく長期型ダイエットです。

牛乳を飲むことを習慣づければ間食や食べ過ぎが減り、逆に筋肉が増え代謝が上がり太りにくい体質になります。
いろんなことに共通して言えれることでもありますが継続こそが成功への近道ですよ。

それでも「短期間で痩せたい!」って人は運動系のダイエットをしながら牛乳を飲むと効果は倍増します。
牛乳は良質なタンパク質ですし脂肪燃焼効果もあるのでダイエットの成果がイチ早く確認できます。

ただ一言ゆっておきたいのが牛乳は”ダイエットだけの飲料”ではありません(苦笑)
栄養分含め健康にも優れた飲み物です。

ダイエット目的じゃないとしても牛乳を飲む習慣は是非とも取り入れてほしいものです。

コメント