バルサミコ酢の使い方や特徴【賞味期限・開封後の賞味期限】について。

スポンサーリンク
調味料

イタリア料理には欠かせない調味料であるバルサミコ酢。
果実酢の一種で原料にぶどうの濃縮果汁を使用していて
長期間、樽熟成しており
とろりと甘味があるのが特徴です。

バルサミコ酢の色は暗褐色で独特な芳香があります。

イタリア料理の味や香り付け隠し味によく使われることがあり
サラダのドレッシングにも使われています。
また煮詰めることで旨味が凝縮され
とろみが出るため肉料理や魚料理のソースとしても用いられます。

バルサミコ酢は特有の甘味があるので
デザートの味付け、トッピングにも使われています。

スポンサーリンク

ポリフェノールは黒酢の3倍

バルサミコ酢はブドウを濃縮させ
熟成し作られているので
ポリフェノールの含有量が高く
黒酢の3倍・・・米酢なら12倍もの
ポリフェノールがバルサミコ酢に含ませています。

ポリフェノールには【美容効果】【健康効果】など
嬉しい効能があります。

ポリフェノールとは?

ポリフェノールは植物由来の抗酸化物質。
抗酸化物質には「ビタミンC」「ビタミンE」「カロテノイド等」
いろいろありますがポリフェノールも抗酸化物質のひとつです。
抗酸化物質、酸化に対抗する物質で活性酸素と戦ってくれます。

体内で活性酸素が発生すると
細胞や血管の老化の原因だけではなく
「シワ」「シミ」といった肌トラブルから
生活習慣病のリスクが高くなります。
年齢が上がるにつれ
活性酸素の除去機能が劣ってしまいますので
ポリフェノール…抗酸化物質を含む食品を
意識して摂取することが生活習慣病などの予防に繋がります。

バルサミコ酢の栄養効果。

もちろんポリフェノールだけではなく
バルサミコ酢には様々な健康効果があります。
薬用としても使用されるお酢で
千年以上前からセレブの贈答品としても使われています。

食欲増進効果。

バルサミコ酢の香りは食欲中枢を刺激して
食欲を増進する効果があります。
二日酔いで食欲が沸かない日や
暑い日の夏バテの時、疲れた時など
バルサミコ酢を使った料理がオススメです。

疲労回復効果。

バルサミコ酢は食欲を増進してくれるだけじゃなく
疲労回復効果もあります。
体内の疲労原因物質である「乳酸」「ピルビン酸」
クエン酸は分解してくれる働きがあります。
バルサミコ酢にはクエン酸も豊富に含まれています。

血液サラサラ効果。

バルサミコ酢に多く含まれているポリフェノールには
血液をサラサラにして循環よくさせてくれる働きもあります。
この働きによって高血圧予防に繋がり
またコレステロールを抑える働きもあります。
血行促進は肩こりや冷え性の改善にも繋がりますよ♪

老化予防効果。

ポリフェノールによって抗酸化作用が働き
細胞の老化現象を防ぐことができます。
これにより【シミ】【シワ】【たるみ】
などなど予防することができ
美容に優しいお酢、体に嬉しいお酢になっています。

消炎作用。

昔に薬用として使われていたことがあり
バルサミコ酢は消炎作用があると言われています。
消炎作用とは体内の炎症を鎮める抑えること。
不調部分へ働きかけ正常に戻してくれるだけではなく
免疫効果を高めてくれます。

バルサミコ酢の賞味期限は?

酢の賞味期限はもともと決まっておらず醋酸の濃度が
高い場合や量が少しであれば賞味期限を記載する義務がないのです。

バルサミコ酢は酢酸菌のおかげで腐りにくい性質をもっています。
高級品のバルサミコ酢なら熟成期間が10年以上経っているものもあり
未開封であればそれほど気にすることではありません。
しかし一般家庭用・・・比較的安価なものでしたら
未開封なら5年目以降から変質する言われているので
それぐれらいを目安に使用し使い切る事をオススメします。

開封後のバルサミコ酢の賞味期限は?

一度開封してしまうと外気に触れてしまい
酸化が進んでいきます。
しかしバルサミコ酢は酢の中でも醋酸度が高く
腐りにくい性質があり開封後も長期保存ができるようになっています。
開封後なら1~3年を目処に使い切るようにしましょう。

開封後の賞味期限が1~3年と振り幅がデカいのは
保存場所によって変わるからです。
適切な保存場所での保存状態なら
賞味期限は永遠とも言われています。

バルサミコ酢の保存場所。

バルサミコ酢は腐りにくい調味料ですが
保存方法によっては賞味期限よりも早く腐ったり
味や品質を変えてしまいます。
バルサミコ酢は「高温多湿」が苦手で
開封後のバルサミコ酢の保管場所は【冷暗所】
絶対条件になります。

しかし時期によっては温度変化があるので
一番は【冷蔵庫】での保存になります。
開封後はもちろんのこと
未開封でも【冷蔵庫】での保存を強くオススメします。

腐るとどうなる?

変色している。

異臭がする。

固まっている。

上記以外でも違和感を感じた場合は
処分することをオススメします。

いくら腐りにくいといっても
保存状態が悪かったら腐りもします。
逆に言えば保存環境が良いと
酢の賞味期限は永遠とも言われています。
もちろん開封後でも(驚愕の事実!)

バルサミコ酢は未開封でも開封後でも
保存場所は【冷蔵庫】ですよ!

余談。

いかがだったでしょうか?

バルサミコ酢について色々語らせてもらいました。
お役に立てたなら幸いです。

バルサミコ酢は知っているけど
使ったことがないって方いるんじゃないでしょうか?

イタリアの調味料のイメージが強いかも知れませんが
サラダのドレッシングにもなったり
お肉や魚料理の味付けにもってこいです。
甘酢炒めや煮込み料理にも使えます。
そしてデザートの味付けにも使えちゃいます。

開封後でもしっかりと【冷蔵庫】で保存すれば
1~3年は賞味期限が持つので
もはや万能調味料ですッッッ!!

今・現在、少ししか使う予定しかなくとも
さすがに3年以内には使用する機会があると思います(遠い目)

Google検索すればいくらでも
バルサミコ酢を使ったレシピが出てきますしね♪

是非今一度、手に取ってみてはいかがでしょうか。

バルサミコ酢と似ているワインビネガーについて少々まとめてみました。

ワインビネガーとは?特徴と保存方法。

バルサミコ酢がない時の代用。

最後にバルサミコ酢がない時の代用を。

「ウスターソース」+「酢」=『バルサミコ酢』

割合は1:1です。

ウスターソースには果物などが入っているので
バルサミコ酢のぶどう風味に似た味になります。

これはあくまでも代用です。
バルサミコ酢があると思っていたのに無かった時や
どうしても必要な時です。

代用できると言っても
本物のバルサミコ酢に比べたら
風味・味は敵いません。

コメント