上手なご飯の冷凍保存方法は?以外と知らない解凍方法。

スポンサーリンク
食材


主食である白ご飯。

急に外食になったり
余ってしまう事ってあると思います。

そんな時、多くの人が思い浮かぶのが冷凍保存だと思います。(自分もそうですw)

ただ冷凍保存したご飯って正直美味しくはないですよね?

そんな風に思っていた時期が自分にもありました。

どうしても!

どうしても!!

冷凍保存してもッッッ!!

炊いたご飯の様に食べたい………。

だって、ご飯を冷凍保存しても炊いたご飯の様に食べられるなら

急な外食でも……。

残ってしまっても……。

ご飯がもう少し欲しい時……。

急な来客の時……。

困らない(大声)

そんな思いからネット界の神である
Google神に聞いてみた所
あったんです。

「ご飯の上手な冷凍保存方法」

「以外と知らなかった解凍方法」

それではどうぞッッッ!!

スポンサーリンク

残るとわかったらすぐ冷凍保存。

米の主成分であるデンプン。

炊き立てのご飯はデンプンが柔らかく
ふっくらとしているので美味しいんです。

ただ、そのまま保温していたり(時間経過)
冷めてしまうと、デンプンが老化し味が落ちてしまいます。

これが美味しく無くなる原因。

ですので、すぐに冷凍保存するのがポイント。

冷凍保存のコツ。

量はお茶碗1杯分。
お茶碗1杯分のご飯を
ラップ又はフリーザーパックに平らにして冷凍保存します。
平らにするのは解凍する時にムラなくする為。

ご飯は熱いまま。
熱い状態で密封する事により
水分の蒸発を抑えます。

ふんわりと。
米粒を潰さないようにする事で
美味しく食べられます。

急速冷凍。
冷凍庫にご飯を入れる時、アルミホイルを敷いて冷凍することにより
時間を短縮する事ができるのです。急速冷凍する事で美味しさを逃がさず冷凍保存する事ができます。

以上が冷凍保存する時のコツで
これさえ守れば上手に冷凍保存できます。

解凍する時のコツ。

冷凍ご飯を解凍する時はレンジで解凍処理するのではなく
凍ったまま温める(加熱)するのが一番いいんです。

冷凍保存している食材はレンジで解凍ボタンを押して
解凍してから……
とゆうのが基本ですが
冷凍ご飯に関しては冷凍のまま直接加熱処理をするのが基本です。

以下手順です。

そのまま2分ほど加熱
ラップ又はフリーザーパックに入れたまま
冷凍ご飯を2分ほど加熱。

お茶碗に移し加熱。
次にお茶碗に移しほぐし混ぜてから
ラップをせずに1分ほど加熱。

様子見。
それでも温めが足りないようなら
30秒・1分と少しずつ様子を見ながら加熱。

冷凍する時に平らにして冷凍しているので
均一に熱が入り、2分ほどの加熱で十分に解凍できます。

お茶碗に移し再度加熱する時はラップする事は厳禁です。
ラップをして加熱すると中に水分が閉じ込められてしまいます。

この水分をご飯が吸ってしまいベチャベチャになるので
水分を飛ばす目的でラップしないまま加熱……ココ一番大事です。

自然解凍はダメ。

冷凍したご飯を食べる時間に合わせて自然解凍。

お弁当の保冷剤代わりに冷凍ご飯を入れて自然解凍。

このような使い道ができるのならいいんですが
冷凍ご飯の自然解凍はダメなんです。

これにはちゃんとした理由があり

自然解凍するとご飯の主成分であるデンプンが
老化しやすい温度で長い時間保持される事になります。

老化してしまったデンプンは消化も悪く
粘りもなくなりボソボソご飯になってしまうので
冷凍ご飯の自然解凍はダメなのです。

冷凍ご飯を食べる時は、直前まで冷凍しておき
食べる時に加熱処理して食べるのが原則です。

冷凍ご飯の保存期間。

3週間以内又は1か月以内が目安です。

ですが冷凍して3日ほど経つと
そこから徐々に味が落ちますので
できれば早めに食べたほうがいいです。

腐るとどうなる?

○黄色っぽく変色している。
○黒い点がある(カビ)
○酸っぱい臭いや味がする。

これら以上の場合は食べる事は避けましょうね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

以上が「ご飯を冷凍する時のコツ」「冷凍ご飯を解凍する時のコツ」になります。

補足として
雑炊やお粥に冷凍ご飯を使う場合は
そのままお鍋に入れて調理する事ができます。

ご飯を上手に保存する事で
冷凍ご飯でも美味しく食べる事ができます。

ご飯が余ってしまうと分かればすぐ冷凍。
解凍する時は直接温める(ラップ)はしない。

ご飯を冷凍保存しうまく活用すれば
経済的にも助かり、ご飯を炊く調理工程が減ります。

もう少しご飯が欲しい時など冷凍ご飯があればホント助かります。

是非一度試してみては?

コメント