食戟のソーマ原作おまけレシピを再現!【鮭の幽庵焼き】レシピ。

週刊少年ジャンプで大人気連載中の漫画

「食戟のソーマ」

単行本、第21巻に特別付録されているレシピ
【鮭の幽庵焼き】を実際に作ってみました。

スポンサーリンク

鮭の幽庵焼きレシピ

材料 (2人分)

生鮭   2切れ
塩    適宜


A
酒    大さじ4
醤油   大さじ4
みりん  大さじ4


柚子   1/2個
サラダ油 小さじ2
柚子皮の千切り 適量
菊花かぶ    適量

作り方。


生鮭に塩(適宜)を振って5分置き
水気をキッチンペーパーで拭き取る。
柚子は輪切りにする。


小鍋にAを入れて火にかけ
沸騰したら火を止めて冷ます。
バットに移し、生鮭を入れ柚子をのせる。
1時間~つけておく


フライパンにサラダ油を入れて熱し
②を入れ蓋をして焼く。
5分ほどして焼き目がついたら裏返し両面こんがりと焼く。
器に盛り、柚子の皮の千切り・菊花かぶを添える。

以上が【鮭の幽庵焼き】のレシピと作りかたになります。
それでは実際に作っていきたいと思います。

調理開始ぃぃぃ!

まずは浸けダレを作って
冷まさなきゃいけないので浸けダレから作りました。

小鍋にA(酒・醤油・みりん各大さじ4)を入れて
沸騰するまで火にかけます。

沸騰したら火を止めて
冷ましてからバットに移します。
これで浸けダレが完成です。

生鮭に塩(適宜)振って5分置いてから
余分な水気をキッチンペーパーで拭きとって
浸けダレを入れたバットに入れ
柚子(1/2)を輪切りにし
同じくバットに入れます。

この状態で1時間以上浸けておきます。

十分に浸けたら
油を敷いたフライパンで皮目を下にして
フタをし中火で5分ほど加熱。

鮭の色を見て分かるとおり
しっかり味が染み込んでいて美味しそう^^

焼き目がついたらひっくり返して
両面こんがり焼きていきます。

器に盛り、柚子皮の千切りを添えて完成です!
原作なら菊花かぶも添えてますが
用意できなかったでご勘弁を・・・w

完成!

シンプル過ぎたので
フクロウの置物を置いてみました(笑)

柚子の皮が
もうちょい細い千切りだったらなぁーと
少し後悔(苦笑)

千切りって難しい・・指切りそうでビビるんだよな(´・ω・`)

アータッタタッタッタタタタァァ!って千切り出来たら
どんなにカッコいいことか(それケンシロウだから)

つまり俺の包丁捌きはジャギ並で
乱切りはレイ・・・南斗水鳥拳だな。

※注※当ブログ管理人は妄想癖があります。

食べた感想。

美味いです。(ほっこり)
普通に美味いって言うか嫁の料理より美味いッッッ!
是非とも可愛い嫁さんに覚えてほしい料理ですね。

鮭の塩焼きしか知らんからなぁ(小声)

鮭の幽庵焼きは
柚子の風味がバッチリ染みていて
ホロホロの肉質で
甘辛い醤油ベースの味がご飯とベストマッチ!!

鮭を直接食べるのではなく
一度ご飯の上にワンバンさせてから
鮭の幽庵焼きを頬張り
ご飯をお口にインッッッ!!

すかさずタレの付いたご飯をインインッッッ!!

至福のひと時間違いない(;´∀`)

個人的には鮭を焼いた時に
浸けダレををちょいプラスして
タレ多めでもいいんじゃないかと思いました。

それほどまでに柚子の効いたタレがうんまい(*^^)v

むしろ鮭だけではなく
他の魚でも美味しいと思いました。
(今度試してみよう)

ホント食戟のソーマのレシピは美味しくて
いつも感激します。

ご馳走様でしたッッッ!!

他にも食戟のソーマレシピ作ってます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする