梅干しは二日酔い予防にもなるし二日酔いを早く治したい時にも効果がある?

二日酔いはお酒を飲む方なら誰でも1度は経験した事があるんじゃないでしょうか?

頭はガンガンするし吐き気も凄い・・・動くのもままならないほど、酷い時なんかもありますよね。

もうあんなに飲まんッッッ!っと決意するも二日酔いが治って飲み始めると結局また飲んでしまうんですよね(苦笑)

自分なんかしょっちゅうです(汗)

そんな二日酔いライフスタイルを送っていたのですが、ある時「二日酔いの時は、梅干しが効く」とゆう事を小耳にはさんだので調べてみました。

すると驚愕の事実がッッッ!!

梅干しを食べると二日酔いの予防にもなるし二日酔いから早く回復させてくれる食べ物だったんですッッッ!!

ホントにびっくりしました(笑)

これは記事にするしかない!

つまりはそうゆう事です。

それではどうぞッッッ!!

 

スポンサーリンク

梅干しを食べると二日酔い予防になる。

 

梅干しには胃の粘膜を保護する働きがあると言われています。

お酒を飲む前に梅干しを食べると胃の粘膜が保護されアルコールからのダメージを軽減してくれる訳です。

梅干しの主成分であるクエン酸の働きとも言われていて、梅干しを食べると大量の唾液がでますよね?
その大量の唾液が胃を保護し守ってくれるんじゃないかと思います。

つまり蜂蜜漬けとかの甘い梅干しより、シソ、塩漬けのしょっぱい梅干しのほうが効果あります。

これからは飲む前に1粒食べるように心掛けたほうが良さそうですね。

そして梅干しには二日酔い予防効果もありますし二日酔いになった翌日にも効果があるんです。

 

二日酔いになった時の梅干しの効果。

二日酔いになった翌日でも梅干しを食べると二日酔いを軽減する事ができます。

梅干しの主成分であるクエン酸が疲労回復効果を持っていて、アルコールでダメージを負った胃を回復してくれる訳です。

そして梅干しに含まれているピクリン酸は肝臓の機能を活性化させる効果を持っています。

さらに、二日酔いの時の体は酸性になっています。

梅干しはアルカリ性。

梅干しを食べる事で酸性になっている体が弱アルカリ性に変わっていき二日酔いを早く治してくれる効果があると言われているそうです。

二日酔いを早く治してくれる梅干しは、やはり甘い梅干しよりしょっぱい梅干しのほうが良いそう。

 

二日酔い時の梅干しの食べ方は?

そのまま1粒食べるだけでいいです。

ですが、二日酔い特有の混沌とした気分の悪い時に梅干し1粒そのまま食べる事が結構難しい方もいると思われます。(自分がそうw)

そんな時、自分がいつもやっている方法があります。

マグカップや湯飲みにお湯と梅干しを入れ、お箸などで梅干しを潰し混ぜます。
そしてお醤油2~3滴、カツオ節ひとつまみ入れ、梅干しの出汁湯割りにして飲んでます。

これが結構優しい味がして美味しいんです(笑)飲みやすいですし体も温まります。

お湯と梅干しだけで作る、梅干しのお湯割りでも美味しいですよ!!

お湯などで割ると酸味や塩分が和らぎますし、梅干しは加熱される事により効果が上がると言われています。

是非1度お試しあれ!

 

まとめ。

梅干しを1粒食べる事で、二日酔いの予防にもなるし二日酔いの時でも効果があります。

食べる梅干しは甘い梅干しより、昔からあるしょっぱい梅干しで。

しょっぱい梅干しが苦手な方や二日酔い時、そのまま食べるのが難しい方は、お湯割りや出汁湯割りなど味を和らげて食べても全然OKですし
梅干しを加熱する事で効果が上がるとも言われていますので大変オススメです!

梅干しは昔からある伝統的な食べ物です。
有能な保存食でもありますし、健康食品のひとつです。

梅干しの主成分であるクエン酸は殺菌効果、食中毒予防や疲労回復などなど、様々な効能があります。

二日酔いの時だけではなく、普段の時でもオススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする