【気になる】缶詰の直火は大丈夫?危険?

スポンサーリンク
缶詰

缶詰を直火で温める行為っていいと思いますか?悪いと思いますか?

結果を先にお伝えすると缶詰の直火はよくありません。

もっと言うと缶詰業界では御法度とされているみたいです(驚)

その理由に関しては下記でお伝えするとして・・・。

その一方で缶詰の直火は全然アリ!と言う声もあります。

今回はそんな缶詰の直火についてお話ししていきたいと思います!

スポンサーリンク

直火は避けたほうがいい。

今の缶詰は内側に金属の腐蝕防止のためにコーティングが施されています。

缶詰を直火で加熱してしまうとコーティング剤が熱によって溶け出し有害物質が出ることから直火は避けたほうがいいと言われています。

この有害物質が人体にどのような害があるかはハッキリとは分かっていません。

また缶詰自体、調理器具として使う前提・・・缶のまま火にかけて調理することを想定して作られてもいません。

缶詰食品の各メーカーさんも缶詰を直接火にかけて温めることに注意を促しているので、缶詰の直火はやめておいたほうがいいかもしれませんね。

缶詰は直火で温めても大丈夫かも。

はい!今から全く逆のお話し【缶詰は直火で温めても大丈夫な理由】のお話しをしていきます(苦笑)

とゆうのも、自分が調べ上げた結果”直火はよくない!””直火でも大丈夫だよ!”と意見が真っ二つに分かれていたんですよね。

上記で話した”直火は避けたほうがいい”の内容は本当ですし、各メーカーさんが直火の注意を促しているのも本当です。

ただ色々と調べていく内に

缶詰に具と水分が入っていて直火で温めるだけならコーティング剤が溶けるほど温度は上がらない!
コーティング剤と言ってもミクロン単位の薄い被膜だから例え全部溶けてしまっても何の害もない!

などの理由や

缶詰直火レシピやBBQなどなど、缶詰を直火で温めても大丈夫そう意見が多数ありました。

特にオイルサーディンの缶詰は直火で温めて食べるのがツウの食べ方みたいです(笑)

ただし、缶詰を直火で温めて食べるのは自己責任でお願いしますね(真顔)

缶詰を作っているメーカーさんがダメだと言っているんですから(苦笑)

まあそれでも缶詰を直火で温めて食べている方や、これから缶詰を直火で温めて食べようとしている人がいると思うので、直火で温める時に注意してほしいことがあります。

直火で温める時の注意点。

注意点
  • STEP1
    印刷紙からの発火
    まず缶詰に印刷紙が貼られていないか確認しましょう。直火だと印刷紙に火が移り発火してしまいます。必ず剥がすなど対処して下さい。
  • STEP2
    フタは必ず開ける
    フタが閉まったまま加熱すると熱によって中が膨張し爆発する危険性があります。缶詰を直火にかける時はフタを開けてから温めてください。
  • STEP3
    汁は少し捨てる
    沸騰して汁が飛び散る可能性がありヤケドしてしまいます。
  • STEP4
    弱火で加熱
    缶詰より火が外側に出ないよう調整し加熱して下さい。特にオイルサーディンなど油分が多いものは注意が必要です。
  • STEP5
    長時間加熱しない
    加熱し終わったら必ず火元から外して下さい。長時間の加熱は禁物

余談。

いかがだったでしょうか?

自分も以前から気にはなっていましたが、メーカーさんが注意しているぐらいですからやっぱりダメなんですかね(苦笑)

思うに、じゃあオイルサーディンの缶詰はどうやって食べたらいいんでしょうかw?

自分はいつも直火で温めて食べていましたが、直火がダメならレンチン?常温?絶対マズいだろ!とも思いましたね(笑)

なのでオイルサーディンの缶詰に関してはこれからも直火で温めるとしてそれ以外、レンチンでもいけそうなやつは直火を控えようかな?と自分は思いました(頑固たる決意)

繰り返しになりますが、缶詰の直火については自己責任でお願いします。直火で温める際には十分注意して下さいね!

コメント

  1. 匿名 より:

    メーカーが直火を否定するのは当然、訴訟だのクレームだのリスクしか無い。
    缶詰への直火事態は昔から行われてた調理法でもあり、世界観が違えば直火は常識の範疇。

    • 龍之介 より:

      コメントありがとうございます。
      メーカーが直火を否定しているからこそ、直火の美味しさを知らない人がいるのではないか?と思ったので書かせて頂いた次第です。(自分なりの注意事項も含めて)