茹で卵を作る時は水から?お湯から?卵にヒビを入れる意味とは。

茹で卵は茹でるだけで簡単に作れちゃいます。茹で卵と言っても温泉卵、半熟卵、固茹で卵………色々ありますよね。
使う料理によって用途は様々です。
作り方は後日記事にするとして、今回は茹で卵を作る際に悩む………痒い所に手が届くようで届かないような、疑問点に焦点を当て記事にしたいと思います。

茹で卵の作り方を調べるたびに水からと沸騰してからと両方出てきます(笑)
これについては、いつも自分がやっている方法で検索して作りますよね。
けど、どっちが正しいのかわからなかったりします。
結局のところ、どちらが正しいとゆうより沸騰したお湯から茹でるほうが使い勝手がいい事が判明しました。

そしてよく見る、茹でる前の卵にヒビを入れる意味!

自分なりに調べた結果がコチラです。

それではどうぞッッッ!!

スポンサーリンク

茹で卵を作る際は沸騰してから。

卵は温められると中身が膨張します。沸騰したお湯に入れると急激な膨張によって卵の殻が割れてしまいます。
割れた所から中身が出てきて見栄えが悪くなりますよね。
だったら水から茹でたほうがいいんじゃないかと思いますが、温泉卵や半熟卵のレシピを見た際、沸騰してから○○分!

「沸騰するまでずっと見て沸騰したらタイマーセット。」

かなりめんどくさいしそんな暇ない(笑)

「あっもう沸騰してる!あと何分だろ?」

大体予想していざ割ると全然違う・・・。

十分起こりそうな事です。

だったら沸騰してから卵を入れて茹でたほうが時間も正確で沸騰するまで見るなんて事しなくていいですよね!
ただ殻が割れて見栄えが悪くなる・・・と思いますが沸騰してから茹でても殻が割れるのを防止する方法があります。

それは茹でる前、卵のお尻部分にヒビ(小さな穴)を入れる事です。

卵のお尻にヒビ(小さな穴)を空ける事によって、温められた卵の中身が膨張して殻が割れるのを防止してくれるんです。卵のお尻の部分には気室と呼ばれている空気の部屋があります。
この部分だけ薄皮と殻の間が空洞になっているのでヒビ(小さな穴)を入れても、卵を覆う薄皮にはキズつかずに中身が出る事はありません。

ただこのヒビを入れる作業・・・チカラ加減がわからないって方がいると思います。あまりヒビを入れすぎると茹でる前から中身がでちゃいますからね(笑)
そんな方でも安心してできるのが100円ショップなどで売っています。
卵に小さな穴を開ける専用のグッツが売っているのでそちらを使いましょう。小さな針が付いている物です。

そしてこの茹でる前の卵に小さな穴を開ける作業・・・ただ単に殻が割れるのを防止する為だけじゃなく、もっと重要な意味があったんです。

卵のお尻にヒビを入れてから茹でると美味しくなるし剥けやすくなる。

卵にはCO2がたくさん含まれています。(特に産まれたての物は)
加熱されるとCO2が膨張し殻にヒビが入って白身が出るとゆう事が結果的に起こります。

卵のお尻部分にヒビ(小さな穴)を入れる事によりCO2が抜け、殻のヒビ割れを防ぐ事ができます。

そしてヒビ割れを防ぐ事だけじゃなく、CO2を抜く事により
CO2が膨張して、白身が薄皮に押し付けられ殻と引っ付くのも防止してくれます。結果、殻が剥けやすくなります。

それに加え、CO2を含んだまま固まった白身はボソボソした食感になってしまうんです。

これがCO2(二酸化炭素)の3大悪

・膨張して白身が出る。
・膨張して殻にくっつく。
・食感をボソボソにする。

以上の事から、茹で卵を作る際は卵のお尻部分にヒビ(小さな穴)を入れてから作りましょう。
ヒビを入れてから作ると見た目もよくなりますし殻も剥けやすくなります。食感も全然違いますから是非してくださいね。

茹で卵を作る際は沸騰してから!必ず卵のお尻部分にヒビを入れて
火傷防止の為、おたまなどを使い沸騰したお湯に入れ目安を固さになるまで加熱して作りましょう~

それでは良き卵ライフをッッッ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする